グルメガイド

仙台を代表する食事、牛タンを思ふ。

仙台に遊びに来る友人と食事に行くときに、よくよく困ることがありました。それは、友人からこんなリクエストがあったときです。

a0002_011984「牛タンは昼に食べたから別のがいいな〜」

なぬ!?やはりそうきたかっ!と、だいたいは察しているのですが、これを言われてしまうと途端に選択肢がなくなってしまうんですよね〜。

でも牛タンであれば、心構えは十分。どんとこいです。

「伊達牛にしようか、それとも利久にするか、あるいは牛タン発祥の味太助なんてのもありだね」なんて、仙台に住む人なら誰もが知ってるチェーン店ばかりですが ^ ^;;、ちょっと通(ツウ)ぶれるわけです(笑)ま、そこは相手は仙台に所縁のない人、牛タンのお店を数多く知っている人はそうはいないでしょうから、自信をもって牛タンのお店を連呼していきましょう。

「おお、こいつ知っている口だな!」と思ってもらえれば まさにWinWin!!良好な関係が保ててとても健全です(笑)

もし、ご友人が牛タンのお店にくいついてきて、

「どこが美味しいの?やっぱりお店によって違うもの?」

なんて聞いてくれたらチャンスです。「うーん、どこも美味しいよ。好きずきかな〜。俺はどちらかというと利久より伊達派かなー。」なんて、どっちでも困らない返答で、”っぽさ” をいかんなく発揮してください。実際、私は伊達の牛タンの方が好きなのですが、芸能人格付けランキングよろしく食べ比べを利久と伊達の牛タンでしたら、絶対当てられない自信があります(笑)どちらも美味しいですよね。

でも注意しなきゃいけないのは、「牛タン発祥のお店は “太助” 」という誤解を招く表現。なぜかというと、「太助」というお店は、元祖 味太助 と 杜の都 太助の2系列あるからです。さらに味太助の分店である 旨味太助 というお店もあるので、とりあえず「太助」と言ってしまう場合があるわけです。なので、ここは仙台人の見識をもって「牛タン発祥のお店は “元祖 味太助” で、” 杜の都 太助 ” とは別の系列なんだぜ!」と、それとなく教えてあげると、牛タンよりも厚い、熱い、尊敬の眼差しを受けること間違いなしです。

チェーン店だけだとあれなので、評判の良いお店をもう2つほどご紹介。仙台駅からはちょっと外れますが、街中にあるお店で美味しいそうです。

牛タン料理 閣

宮城県仙台市青葉区一番町3丁目8−14

たん焼き 一隆本店

仙台市青葉区国分町1-4-21

あと、もうひとつ名店を思い出しました。その昔、「太古福(たこふく)」という本当に美味しい老舗があったのですが、残念ながら惜しまれながら閉店してしまいました。あのお店があれば間違いなくドヤ顔でお奨めできたのですが、、、。

というわけで、長々と書いてしまいましたが、言いたいことは、

仙台で「らしい食事」欲する場合、やっぱり「牛タン」しかなくない?

って、ことを改めて確認したかったのです。そして”牛タンNG”を出されたとき、みなさんなら何をご案内されますでしょうか?これが結構難しく、切実な問題じゃないかな〜、と思うわけです。

塩竈や気仙沼など全国的にも知名度のある漁港がある宮城、海の幸は薦められるので「お寿司」、は選択肢として結構多いと思うのですが、北海道や福岡などから来た人にはちょっと物足りない。こんなとき岩手とか山形は強いと思うんですよね。岩手なら、盛岡冷麺、じゃじゃ麺、わんこ蕎麦などちょっと麺系になっちゃいますが、バラエティーに飛んでます。どれもが美味しいので、昼夜で攻めても面白いですしね。また山形ならお蕎麦が間違いないですよね。冷たい肉そばもかなり美味しいですから、わざわざ食べに行く価値があります。そしてなんといってもあの米沢牛があります、おもてなしは万全です。

それと比べると仙台は「牛タン」一強という感じです。笹かまやずんだといったお土産品はたしかに豊富ですが、いかんせん主食にラインナップが少ない!もはや牛タンの都 仙台と言っても過言ではありません。

ゆえに、もし遠方からはるばる仙台人へ会いにお越しの際は、ぜひ牛タンを一緒に食べる余地を残しておいてあげて欲しい(笑)もしくは「もう牛タン食ったから(お前と会えれば)何でもいいよ。」という心の友全開な感じで仙台を満喫してもらえると嬉しいです。

といわけで、仙台の牛タンについてつらつらと書いてしまいましたが、「仙台へ遊びに来た友人と牛タン以外を食すなら何か?」、この切実な問いについては、ちょっと調べてみたのでそれはまたの機会にお伝えしたいと思います。ではでは。

URL
TBURL

Facebookコメント

Return Top