イベントガイド

熊谷育美 MiniAlbum「PROCEED」リリース記念ミニ・ライブ&サイン会が2月1日(日)に泉大沢イオンで開催!

もう県内ではおなじみの熊谷育美さん。もしご存知ない方のためにwikipediaからプロフィールを。

熊谷 育美(くまがい いくみ、1985年5月24日 – )は、日本の女性シンガーソングライター。宮城県気仙沼市出身・在住。所属レコード会社はテイチクエンタテインメント。所属事務所はセントラルミュージック。

そしてこちらはオフィシャルサイトです。

http://kumagai193.com/

そして重要なイベント情報です。

熊谷育美 MiniAlbum「PROCEED」リリース記念 ミニ・ライブ&サイン会 2月1日(日)

インストアライブはピアノの弾き語りで数曲を披露します。
また、当日CDをお買い上げの方にはその場でサインをお入れします。【観覧無料】
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F セントラルコート
イオンタウン仙台泉大沢店HP

メジャー歌手のライブが観覧無料!そしてCD購入でもれなくサインをその場でしてもらえるチャンス。ちなみにMiniAlbumにも収録されている新曲「旅路」は、間もなく公開される映画「悼む人」の主題歌にもなってます!オフィシャルサイトでもshort.verが視聴できますよ。ちなみにその「悼む人」の監督は堤幸彦だそうです。

熊谷育美さんが再び全国区で話題になるのは間違いない!?

堤幸彦監督が熊谷さんにぞっこんのようで、

帰郷して19歳の頃に作った「月恋歌(げつれんか)」が偶然映画監督・堤幸彦の耳に止まり、全国東宝系映画『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』の主題歌に抜擢された。熊谷育美が尊敬する鬼束ちひろの後を受けての主題歌となる。監督自身が「この曲しかない。3秒で分かった。声の透明感とかメロディーのうねるカンジとか」と惚れ込んだ。

と、才能を見出す人と見出される人という関係。なんだかこういうエピソードを知るだけでワクワクしてきます。

さて、ケイゾク、TRICK、SPECでおなじみの堤監督、「イニシエーションラブ」という小説も間もなく堤監督で映画化するそう。これ、10年ほど前に読んでなかなかうまいこと作ってるな〜、って思った小説なんですが、トリックの特性上、映像化不可能な内容な気も・・・。それゆえに楽しみでもあります。

そんな不可能とも思える小説も映画化してしまう堤監督の手腕と、その監督が惚れ込んだ熊谷育美さん。ますますの活躍に期待大です!まずは「悼む人」から楽しませてもらいましょう!

URL
TBURL

Facebookコメント

Return Top