観光ガイド・レポート

東日本大震災の爪痕、県有化の是非。

 南三陸町・防災庁舎、31年まで県有化検討へ

 東日本大震災を後世に伝える遺構として、保存の是非が議論されている宮城県南三陸町防災対策庁舎について、県が震災から20年が経過するまでの間、県有化する方向で検討を進めていることが分かった。

 43人が犠牲となった防災庁舎をめぐっては、遺族や住民の間で「保存」「解体」の意見が分かれている。結論が出るまでに一定期間を設け、町の負担軽減のため、県が主体的に維持管理する必要があると判断したとみられる。

 県が防災庁舎の県有化を検討しているのは、2011年3月11日の震災発生から丸20年となる31年3月10日まで。今月中にも、県が町に打診する見通しだ。県有化によって猶予期間を設ける背景には、被災した直後は保存か解体かで議論が分かれた世界遺産の原爆ドーム(広島市)が、後に保存されるに至った経緯があるとみられる。

 ドームは原爆投下の1945年から21年後の66年、広島市議会が「原爆ドーム保存を要望する決議」を可決。同市はこれを受け、保存にかじを切った。昨年12月まで議論を重ねた県震災遺構有識者会議(座長・平川新宮城学院女子大学長)は、防災庁舎を「世界的に最も知名度が高い東日本大震災の遺構」などとして「保存する価値がある」との総合評価を示した。

 一方、有識者会議は住民の意見が二分している現状を考慮し、時間をかけて保存の是非を判断する必要性も指摘している。佐藤仁南三陸町長が13年9月に解体を表明している経緯も踏まえ、委員からは「時間をかける場合でも、町の苦労を長引かせてはならない」「県など第三者が
 関与すべきだ」との意見が出た。

 村井嘉浩知事は昨年12月18日の有識者会議の最終会合後、報道各社の取材に「できる限り有識者会議の意見に沿うよう汗を流したい。県の関与も視野に入れ検討する」と話していた。
引用先 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150101_13006.html

 私もこれ実際に見に行ったんです。
 震災から半年ほどたった2011年10月ですね。

 ちなみに写真はこちらです
 P1080843

わざわざコレを見に行った訳ではなく命からがら津波から灘を逃れて助かった、南三陸町に住む知り合いを訪ねて行ったら「偶然目にした。」というのが正しい感じですね。

地元の人にとっては複雑でしょうね。ほんと。
一方で負の遺産を観光に使おうという、ダークツーリズムという言葉もあり、悪い側面ばかりでもないですよねぇ

賛否両論あるのは当然かと。

いろいろな方面から意見を聞いて、ベストな選択をしてもらいたいなと。

あと5年は少なくとも解体されずにあるので、見る機会があれば、私個人的には見て欲しいなと思いますね。

 被災地とはいえ、仙台市内は津波のダメージは無く、4年近くも平穏な暮らしをしていると、思わず震災のことを忘れそうになりますけど、防災庁舎に限らず、震災後、沿岸部にいくと、まだダメージを受けたまま野ざらしになっている建物あります。

やっぱりそういうのを見ると、震災の大きさを思い出しますよね。

行ったついでに周辺で買物でもして微力ながら復興のお手伝いでもするのが良いのかと!

URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top