ピックアップニュース

東北電力が固定価格買い取り制度に基づく 契約受け入れを中断!先行きに暗雲。どうなる?太陽光発電のこれから!

 震災後の原子力に対する批判と、
 無害な自然エネルギーに注目が集まる中、2012年7月1日始まった
 再生可能エネルギー固定価格買い取り制度

 年々買い取り価格は下がってきており、
 最近、雑誌などでは「太陽光バブルの終焉」的な見出しが
 時々見られるようになってきたのは新しいですが、
 そんな最中の出来事。

 震災後、メガソーラーとまでは行かないにしろ、
 車で走っていると、田んぼにソーラーバネルが設置してあったり、
 ちょっとした空き地に設置してあったりと、よく見ると結構あるんです。

 以前はそれほど頻繁には見かけなかったソーラーパネルが
 コレだけ目に付くのは、それだけ身近になったと言うことですね!

「唐突」「増強本気か」東北電に不満噴出

東北電力は7日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく
契約受け入れ中断について、発電事業者らを対象とした説明会を仙台市
青葉区の本店で開いた。説明会は2回あり、計約800人が出席。唐突
な発表への批判や今後の事業計画を懸念する声が相次いだ。

東北電側は、電力システム部などの担当者が「予想を上回るペースで再
生エネ導入が進み、このままでは安定供給が維持できなくなる」と理解
を求め、陳謝した。出席者からは「9月末の発表で10月1日からの中
断は早すぎる」「送電網の増強などに本気で取り組んでいるのか」など
と不満が噴出した。

具体的な中断期間や、中断終了後の受け入れ方法を示すよう求める事業
者らに対し、東北電は経済産業省の作業部会が年内をめどに結論を出す
ことを説明。
地域間連系線を使った余剰電力の他社融通などを挙げ、「単独では決め
られない。国の議論を踏まえ検討する」と答えるにとどまった。

説明会は8日に青森、秋田両市、9日に福島市、10日に盛岡、山形、
新潟各市で開催される。

2014年10月08日水曜日 河北新報より

 勘違いしないでもらいたいのが、

 家庭用などの低圧契約(50キロワット未満)は従来通り受け入れを継続する。

 ここが一番重要かもしれませんね~
 一般家庭の屋根に設置するタイプで多いのは4~5kw程度ですね。
 今のところ一般家庭は関係ないので安心ですが・・・この先はどうでしょう?
 まさに先行き不透明!とりあえずは早い者勝ちってところですかね?

 現時点で各社の対応はこんな具合

 北海道電力 10kW未満は通常受付中
 東北電力  50kW未満は通常受付中
 四国電力  10kW未満は通常受付中
 九州電力  10kW未満は通常受付中

 ちなみに現行では契約した時点での価格で
 10kw未満だと余剰電力の買取で期間は10年
 10kW以上の場合、全量買取か余剰買取かは契約時に選択。
 期間は余剰買取でも全量買取でも20年

 自然エネルギーが普及することは良いことだとは思いますが、
 せっかく出来上がってきた良い流れに水をさす出来事。
 既に途中まで投資してしまった方はどうなるのでしょうねぇ。

 一般家庭でも太陽光発電(10kw以上設置)を利用して
 住宅ローン0円にするといった太陽光システム設置の企業は影響必至!

 とりあえず「中止」ではなく「中断」という状況。
 このままさらに悪い方向に進まないを祈りましょう。。。

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top