松島

2014年の中秋の名月は9/8(月)とのこと!仙台近辺の月見の名所といえば松島なんだそうです。

 それはもう完全に知らなかった!

 ロマンチックな人なら当たり前の情報なのかもしれませんけど、
 私にとっては未知の領域!(笑)

 中秋の名月・・・うーん。聞いたことはある。

 そんな程度(^_^;)

 ということで、中秋の名月について、
 私の勉強も兼ねてちょっとおさらいしていこうかなと。

 仙台市天文台による「中秋の名月」の解説!
 リンク:http://goo.gl/5dVy3l

旧暦の8月15日の月を「中秋の名月」と呼び、2014年は9月8
日がその日にあたります。今でもススキや団子をお供えして月を愛で
る習慣が残っていますが、収穫祭と相まって、この頃収穫される里芋
をお供えすることから、地方によっては「芋名月(いもめいげつ)」
とも呼ばれています。

今年の「中秋の名月」は満月ではなく(月齢13.9)、翌日9日が満
月となります。※中秋の名月はいつも満月になるとは限りません。

 とのこと。

 その「満月になるとは限らない」の理由はこちら。
 詳しくは仙台市天文台の解説をどうぞ!

 仙台市天文台の解説
 リンク:http://goo.gl/YfAlqm

旧暦十五日の平均月齢
旧暦では、新月(月齢0.0)となる瞬間を含む日を一日(ついたち
)としていました。午前0時に新月となる日も、午後23時に新月に
なる日も、同じ一日(ついたち)になります。すると旧暦十五日の月
齢は13.0-15.0の幅を持つことになり、平均すると14.0
となります。

満月の平均月齢
新月から新月までの周期は約29.5日なので、新月から満月までは
平均すると約14.8日かかります。つまり、満月の平均月齢は14
.8となり、旧暦十五日より0.8日分遅れて満月となります。

満月までの実際の日数
月が地球の周りを回る軌道が円軌道ではなく、わずかに楕円軌道のた
め新月から満月までの実際の日数が変化します。以上の理由から「十
五夜」や「中秋の名月」が満月になるとは限らないのです。

 ほぼ満月ですが、厳密には満月ではないそう。
 そして、仙台周辺の月見の名所として「松島」があるとのこと。
 松島にそんな側面があったなんて初耳。

 ウィキペディアによる「松島」の項によりますと・・・

松島は月見の名所として著名である。松島の月は、14世紀には中国に
も知られるほど著名で、元代の薩都拉がその著書『雁門集』において
「雄島煙波松島月」と記している。

 とあり、非常に古くから松島と月の組み合わせには定評があったみたいですね。

 かの著名人「アルベルト・アインシュタイン」さえも
 どこかで評判を聞きつけたのか、月見をするためわざわざ松島までやってきて、
 その美しさに言葉を失ったとの話も。

 とういことで、たまには月見なんていう粋な
 季節の感じ方に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 余裕のある方は、是非、松島で月見という、
 古来より人々を魅了してきた
 美の組み合わせを体感してみてもらいたいなと!

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top