イベントガイド

宮城県内の「ホタル祭」をハシゴ!結局どこが一番良かったのか?どこよりも詳しく書きました!その3 新川ほたるの里・宵まつり編

 買ったばかりの一眼レフで「ホタル」を撮影したい!
 そう思い、ある程度、撮影用の機材を揃えた上で、
 結果的に各地のホタル祭をハシゴすると言う荒業を実施!(笑)

 その1は2014年の「旭ケ丘ホタルまつり」をチラ見した結果を。
 その2は2014年の「川内ホタルのページェント」の結果を
 ご報告させていただきましが・・・

 記事
 宮城県内の「ホタル祭」をハシゴ!結局どこが一番良かったのか?
 どこよりも詳しく書きました!その1 旭ケ丘ホタルまつり編
 リンク:ttp://sendai-times.net/2014/08/28/post-7856/

 記事
 宮城県内の「ホタル祭」をハシゴ!結局どこが一番良かったのか?
 どこよりも詳しく書きました!その2 川内ホタルのページェント編
 リンク:http://sendai-times.net/2014/08/30/post-7876/

 最後は「新川ほたるの里・宵まつり」のご報告をしたいなと!
 お祭の概要は前回も書きましたがこんな感じ。

 第19回新川ほたるの里・宵まつり
  ほたる観賞週間:
  平成26年07月07日(月)~07月13日(日)18:00~20:00

  ホタルまつりの開催日:
  平成26年07月6日(日)17:30~

  私が見に行った日:
  平成26年07月12日(土)

  ホタル鑑賞エリア:
  

 私が鑑賞しに行った平成26年07月12日(土)の直前に台風が宮城を直撃!
 一時どうなることかと思いましたが、直前に台風が通過したお陰で、
 なんとか開催にこぎつけた感じでした。

 現地に到着すると、またもやほぼ一番乗りの勢い(笑)

 到着したのは良いが駐車場がどこか分からない。
 駐車場の案内の看板も無いので、スタッフの方に伺ったところ、
 道路脇に車を止めるのだそう。

 皆さんこの道路の脇に止めてました。
 

 会場ではテントで簡易な飲食物を販売!
 
 鑑賞エリアをグルリと歩いてみました。
 
 

 まさに、のどかな田舎の原風景!
 遠くの山々や夕日がきれいでしたね~

 ほたるが多く出ると言う場所
 
 
 

 小川の淵や看板のあった原っぱに数多く出現するらしいです。

 鑑賞エリアは草がキレイに刈ってあり
 暗い中でも足元が見やすいようにLEDトーチが設置してありました。
 写真をみると分かりますが、柵も設置してありましたね。

 19時半を回った頃に、チラホラとほたるが出現し始めました。
 事前に聞いていた通り、小川の淵や、
 ホタルが多く出ると言う看板の場所には比較的多かった気がします。

 うーん。けど、正直多くは無い。
 時期がちょっと過ぎていたのでこんなもんでしょうか?
 
 よそ見して歩いていたら、
 田んぼに水を流す水路に片足を突っ込むと言うハプニングも(笑)
 気をつけましょう!

 気がつけばいつの間にか、鑑賞客も増えており、
 浴衣を着た家族連れも数多くいました。
 作並温泉からきていたお客さんだと思われます!

 20時過ぎ頃には数もまばらに。
 ということで鑑賞終了!

 え?大郷に続いて「ほたる」の写真はどうしたのかって?

 そこはお察しください(^_^;)
 来年こそは絶対にリベンジします!

 以上のレポートを見て結局どうだったのか。
 結論ということなんですが・・・
 ほたるの出現数が一番多かったのは「旭ケ丘ホタルまつり」という意外さ!
 こんなにも街から近い場所なのにビックリ!

 旭ヶ丘ホタル祭>川内ホタルのページェント>新川ほたるの里・宵まつり

 といった感じだったでしょうか?
 日にちも違うし、新川は恐らくピークを過ぎた頃だったので、
 3つともまったく同じ条件ではないので、

 ということで、わざわざと遠くに出かけるよりも
 黙って「旭ケ丘ホタルまつり」に行くのがほたる鑑賞の近道!

 ちなみに会場では「虫除けスプレー」はやめましょう!
 どの会場でもほたるを鑑賞しながら、
 虫除けスプレーを塗っている方が結構いましたが、
 ほたるも虫なので、それやっちゃうと寄ってこなくなりますよ(^_^;)

 また、写真撮影は、どの辺にホタルが出てくるのか知らないと、
 なかなか難しいことであると分かりました。
 今年で場所を把握したので、来年は絶対に撮ってみせます!

 ということで、以上。ご報告でした! 
 来年以降の参考にしていただけたらと思います!

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top