イベントガイド

宮城県内の「ホタル祭」をハシゴ!結局どこが一番良かったのか?どこよりも詳しく書きました!その2 川内ホタルのページェント編

 買ったばかりの一眼レフで「ホタル」を撮影したい!
 そう思い、ある程度、撮影用の機材を揃えた上で、
 結果的に各地のホタル祭をハシゴすると言う荒業を実施!(笑)

 前回は2014年の「旭ケ丘ホタルまつり」をチラみした結果を
 ご報告させていただきましたが・・・

 記事
 宮城県内の「ホタル祭」をハシゴ!結局どこが一番良かったのか?
 どこよりも詳しく書きました!その1 旭ケ丘ホタルまつり編
 リンク:http://sendai-times.net/2014/08/28/post-7856/

 今回は2014年の「川内ホタルのページェント」のご報告!
 お祭の概要は前回も書きましたがこんな感じ。

 川内ホタルのページェント
 ほたる観賞週間:
 平成26年07月04日(金)~07月06日(日)19:00~21:00

 ホタルまつりの開催日:
 平成26年07月5日(土)19:00~

 私が見に行った日:
 平成26年07月06日(日)

 ホタル鑑賞エリア:
 

 都会から離れたこの環境。
 きっと「旭ケ丘ホタルまつり」よりホタルが多いに違いない!

 今回の祭を写真撮影の「本命」と位置づけ、
 早い時間にいって場所取りやカメラのセッティングを明るいうちにする為、
 17時半くらいに乗り合いバスが出る駐車場に到着。

 普段は建設現場の資材置き場になっているのですが、
 お祭のの時は臨時駐車場になるんですね~
 

 駐車場から歩いて会場まで行くとなると2.5キロくらいあるので、
 実質、バス意外では行けないようなもんです(笑)

 数人のお客さんが既にバスに乗っており、
 私と、後からやってきた数名が座席に座った時点で出発!

 鑑賞エリア近くの集会場にバスが到着。
 そこではちょっとした飲み物や食べ物が売ってましたね。
 

 集会所ではホタルに関しての資料等の展示も。
 

 川内地区のゲンジホタルの出現日と頭数の変化
 

 この資料は非常に興味深いもので、
 川内ホタルのページェントはゲンジホタルの出現数ピークの日に
 設定されていることがわかります。

 資料館もほどほどに、まずは会場に行ってカメラのセッティングをしようと思い、
 道路脇に置いてある竹灯篭に沿って
 5分ほど歩いて鑑賞エリアまで行ってみると・・・
 

 圧倒的も圧倒的に一番乗り!(笑)

 完全に早く来すぎた感!
 19時過ぎまで誰もこなかったので、ものすごい暇でした(笑)

 ホタルは19時半くらいから出現するので、
 19時くらいに会場入りするくらいが丁度いいって感じですね~

 ちなみに鑑賞エリアの様子はこんな感じ。
 林に囲まれた田んぼですね。
 
 

 一人でカメラ片手にぶらぶらしていると、
 スタッフのおじさんがいたので、どの辺にホタルが出てくるのか等
 あれこれ聞いてみたところ・・・
 特に田んぼと奥の林の境界辺りに19時半あたりから出現するとのこと。
 雨上がりの蒸し暑い夜には特に多く出現するらしいです。

 昔は林の上のほうまで数多くのホタルが舞っていたそうですが、
 鑑賞エリアのすぐ近くまで宅地開発が進んだせいもあり、
 徐々にホタルの数も減ってきた。ってな話も。

 悲しいかな。これが時代の流れって奴なんでしょうか(^_^;)

 例年だと手前の田んぼのみ解放していたらしいですが、
 今年から、少しでも多くのホタルを見てもらおうと
 奥の田んぼも解放したそうです。

 鑑賞エリアの田んぼも、ホタルの為にと
 農薬をなるべく使わないように気を使っているとのこと!

 地域の皆さんの努力によって「ホタル祭」が成り立っているのですね~
 本当にありがたいことです。

 とりあえず多くのホタルが見れるということで、
 奥の田んぼに陣取っていると、私と同じく写真撮影をしにきたおじさんが。

 おじさんが言うには、
 少し前に、ホタルで有名な「坪沼八幡神社」に撮影しに行くも、
 全然出現しなくてガッカリ。とのことでした。

 なんでしょうね。タイミング悪かったんですかね??

 時計は19時をまわると、いつのまにか結構な人が来ています!
 しかしホタルはサッパリ出てこない。

 さらに待つこと約40分。

 するとどうでしょう。スタッフのおじさんが言ったとおり、
 急にホタルが飛び始めました!周囲からは子供の歓声も(笑)

 そして20時半くらいになると、ホタルもまばらに。

 ということで鑑賞終了!
 今日は少し冷え込んだ為、あまり数が多くなかったとの話。

 確かに「旭ヶ丘ほたる祭」の方が多かったかな感。

 え?結局「ほたる」の写真はどうしたのかって?
 そこは・・・あの・・・来年こそは絶対にリベンジします!(笑)

 集会所まで戻ると、帰りの乗り合いバスは写真の通り、
 非常に混雑するので余裕を持ってバスに乗りましょう。
 

 私はあまりの混雑具合を見て、歩いても帰ってやる
 そう思い、懐中電灯片手に暗い山道をテクテク歩いたら
 案の定、駐車場まで物凄く時間がかかったので、
 混んでいても乗り合いバスに乗って帰ることをオススメします!!

 ということで、その3へと続きます!
 その3は「新川ほたるの里・宵まつり」のご報告!

 記事
 宮城県内の「ホタル祭」をハシゴ!結局どこが一番良かったのか?
 どこよりも詳しく書きました!その3 新川ほたるの里・宵まつり編
 リンク:http://sendai-times.net/2014/09/01/post-7899/

 乞うご期待!

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top