観光ガイド・レポート

7月10日は仙台空襲の日!仙台にも戦争の爪あと。こうした困難を乗り越えて今日の仙台があるのです!

 仙台でも戦争があった。

 IT機器に囲まれ、便利な生活をしていると、
 そんなことがあっただなんて、忘れさられてしまいそうになりますが、
 それは紛れもない事実。

 仙台空襲の記憶伝える 仙台・戦災復興記念館
 
 戦争の悲惨さや戦後復興の記録を伝える「戦災復興展」が、仙台
 市青葉区の市戦災復興記念館で開かれている。仙台空襲(194
 5年7月10日)の教訓を伝える恒例の企画展で、13日まで。

 戦前、戦後の仙台の街並みを撮影した写真や焼夷(しょうい)弾
 、飯ごうといった生活道具などを展示。ボランティアによる戦災
 体験発表、紙芝居の上映、朗読会などもある。

 ボランティアガイドの無職木村敬五さん(81)=泉区=は「目
 の前で爆弾の直撃を受けた親子が亡くなった」などと来場者に説
 明。「集団的自衛権があるというけれど、子や孫に悲しい思いを
 させたくない」と話した。

 仙台空襲では、米軍機B29が市中心部を爆撃。約500ヘクタ
 ールが焼失、1399人が犠牲になった。

 期間中は入場無料。
 午前9時~午後6時(最終日は午後5時まで)。
 連絡先は同館022(263)6931。

 2014年07月06日日曜日 河北新報より

 去年も今の時期こんな記事を書いているんです。

 過去記事:仙台時代ブログより
 7月10日「仙台空襲」。時は1945年。
 米爆撃機 「B29」 123機による攻撃。その記録を記憶に。
 リンク:http://sendai-times.net/2013/07/10/post-3988/

 そんな事実を後世に伝える大事な施設「仙台・戦災復興記念館」ですが、
 皆さん足を運んだことあります?

 私は足を運んで、じっくり歴史を感じてきました。
 そして、衝撃を受けました。

 その結果、私なりに考え、
 仙台に残る戦争の爪あと=戦争遺構
 を仙台で探そう!そう思い

 仙台歴史探訪!仙台に残る戦争遺構を探せ!シリーズ

 を書きました。

 結構な時間と労力をつぎ込んだ
 自分で言うのもなんですけど、力作です!

 興味ない?くだらない?

 まぁそう言わずに見てあげてください(笑)

 仙台歴史探訪!仙台に残る戦争遺構を探せ! その1
 リンク:http://sendai-times.net/2013/12/12/post-5471/
 仙台歴史探訪!仙台に残る戦争遺構を探せ! その2
 リンク:http://sendai-times.net/2013/12/19/post-5505/
 仙台歴史探訪!仙台に残る戦争遺構を探せ! その3
 リンク:http://sendai-times.net/2014/03/02/post-5619/

 実はその3で終わりではなくて、
 まだまだネタがあり、ネタの数から言うと、
 その6くらいまであるんですが、
 完全にまとめきれてなくて1年以上放置されてます(^_^;)

 どんなことをしたのかといいますと、

 1、仙台周辺ににあった戦時中の砲台跡地を探した。
 2、軍需工場跡地を探した。
 3、特攻隊の基地?を探した。

 こちらも実際に現地に足を運んで、写真を撮ったりと
 結構な時間と労力をつぎ込んだ力作揃いなので、
 近いうちになんとか記事にできればなと(^_^;)

 と言うことで、

 7月10日は仙台にとって特別な日

 ってことくらいは頭に入れておきましょう!
 こうした困難を乗り越えて今日の仙台があるんですね。

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top