イベントガイド

羽生選手パレードはTシャツの販売が絶好調で資金確保の見通しとのこと!資金不足のピンチを一転させたファンの底力は凄い!

 つい先日、大幅な資金不足で羽生選手の凱旋パレード開催がピンチ!という
 ちょっとビックリなニュースが全国を駆け巡りましたが、

 仙台時代による過去記事:
 なんとかお祝いしてあげたい!羽生選手の凱旋パレードが資金不足のピンチ!
 リンク:http://sendai-times.net/2014/04/18/post-6467/

 連日の報道でご存知だと思いますが、Tシャツの販売が絶好調ということで、
 「資金確保の見通し」とのうれしいニュースが!

 

羽生選手パレード Tシャツ・募金好調 資金確保の見通し

 仙台市で26日に開催されるソチ五輪フィギュアスケート男子金メダ
 リスト羽生結弦選手(19)=ANA、
 東北高-早大=の凱旋(がいせん)パレードの資金確保にめどがつく
 見通しとなった。売上金を資金に充てるオリジナルTシャツの販売と
 募金が順調で、不足分を補う市と県の負担も、
 大幅に圧縮できる可能性が出てきた。

 実行委員会が算出した開催費用は7400万円。五輪公式スポンサー
 企業からの協賛金は、約1400万円にとどまった。このため、1枚
 2000円のTシャツ2万枚の売上金4000万円を差し引いた、残
 り2000万円を募金や市と県の持ち出しで穴埋めする計画だった。

 市スポーツ振興課によると、21日までにTシャツは
 約1万枚が売れ、寄せられた募金は約1040万円に上った。
 Tシャツが完売した場合、不足分は差し引き約960万円になる。

 奥山恵美子市長の元には、パレードへの公金支出に批判的な投書も届
 いているという。「募金が増えれば、市と県が折半する費用負担も減
 っていく」と担当者。引き続き市のホームページで募金を呼び掛ける
 ほか、Tシャツの追加発注も視野に入れる。

 市の負担に絡み、市議会では約2000万円に上る警備関係費が高す
 ぎるとの指摘も出ていた。奥山市長は22日の定例記者会見で「でき
 るだけボランティアを活用するが、
 高度な誘導や規制を伴うため、プロの警備員も必要だ。
 お祝いのパレードに事故が起きないよう、安全第一で取り組まなくて
 はいけない」と理解を求めた。

 パレードは青葉区東二番丁通で午後1時半開始。
 みずほ銀行仙台支店前をスタート、勾当台公園市民広場に向かう。
 交通規制は午後0時半~2時半。
 実行委は10万人の人出を予想する。

 ◎地下鉄出入り口12ヵ所閉鎖/前後の時間帯、列車8本増発

 仙台市は、市中心部で行われるソチ冬季五輪金メダリスト羽生結弦選
 手(19)の凱旋(がいせん)パレードに伴い、
 26日午後0時半~2時半、地下鉄勾当台公園駅と広瀬通駅の出入り
 口を一部閉鎖する。混雑を防ぐためで、パレード会場の青葉区東二番
 丁に面する両駅の出入り口各8カ所のうち各6カ所を閉鎖する。

 また、パレード前後の時間帯の
 午前11時20分~午後3時50分に、地下鉄を8本増発する。
 運行間隔は通常の7分から5分半程度に短縮される。

 連絡先は市交通局案内センター022(222)2256

 2014年04月23日水曜日 河北新報より

 やはり今週のニュースと言えばこれですよね!

 資金不足でピンチ!という状態に一時ありましたが、
 記事のタイトルにもありますように「資金確保の見通し」ということで、
 全国のファンの力に支えられ、なんとかなった。ということですね!
 本当にうれしい限り!!!

 いやはや。ファンの後押し。本当に凄いです。

 私もテレビでTシャツを買い求める東京都内のファンの方の密着取材を見ましたが、
 朝から行列ができていましたね(^_^;)
 熱いファンに支えられている羽生選手。うらやましい限りです。

 さて。パレードはいよいよ今週!

 記事にもありますように、当日の地下鉄の利用、通行止めなどの
 各種情報がありますのでご注意を!

 安全で笑顔でパレードが終われるように、
 節度とマナーを守った行動を心がけたいですね!
 万が一のことが起きてしまったら、
 パレードの主役である羽生選手が悲しみますからね(^_^;) 

 羽生選手の金メダルという最高の結果と、そこに至るまでの努力を
 凱旋パレードを通じで存分にねぎらって貰いたいなと”
 
 資金が足りたということで、
 万全の警備体制でパレードが行われることを祈っております。
 そして 羽生選手の最高の笑顔に期待しましょう!

                            byやなぎ

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top