仙台時代編集部

仙台もまもなく開花!仙台での早咲き・遅咲きの記録はこんな具合

 仙台もまもなく開花宣言が出そうです。
 仙台管区気象台による平年値は4月11日なんだそう。

 ま。来週のどこか。ってところでしょうね!
 気象台が作っている報告書の中にはこんなことも書いてありました。
 早咲き・遅咲きの記録ですね。

 >4.これまでの観測記録
 >仙台管区気象台では、1953年から生物季節観測を行っており、
 >これまでの一番早い記録、一番遅い記録は以下の通りです。
 >
 >一番早い記録(最早):2002年3月29日(平成14年)
 >一番遅い記録(最晩):1984年4月28日(昭和59年)

 3月29日って確かにかなり早いですよね~
 私のここ最近の記録では、
 4月7日に蔵王温泉スキー場にスノーボードにいったことがあるので、
 スノボと花見が同時に楽しめる計算(笑)

 一方の遅い記録はというと、
 「GW始まってるし!」というタイミングで開花!
 GWと花見が重なるのって、まさに青森並といった具合。
 弘前城の花見って毎年GWあたりですからね。

 >5.観測方法
 >生物季節観測は、目視又は聴覚によって行い、
 >観測は全て「日」を単位として行います。
 >気象台の構内に植えられた植物季節観測用「標本」を対象に観測します。

 この標本木というのは仙台管区気象台の敷地内にあるそうで、

 >3.樹齢
 >仙台管区気象台には2本の標本木(正・副)があり、
 >昭和27年に植えた木を正標本木に、昭和
 >52年に庁舎よりに植えた木を副標本木としています。

 と、報告書に標本木について書かれております。

 というか、「仙台管区気象台」って榴岡公園の向かいにある
 第三合同庁舎にあったんですね!
 

 メルマガの冒頭で時々データ等をネタにさせていただいていたのですが、
 こんなところにあったんですね(笑)

 一瞬脱線した話は元に戻りますが、

 この標本木の数々が植えてあるの場所がここ!!
 

 たしかに第三合同庁舎の隣ですね!
 標本木のある敷地には看板が立ててあり、

 >生物季節観測について
 >
 >敷地内には、サクラ、ウメ等の植物(標本)を植えております。
 >植物を通じた季節の進み具合や気候の変化を把握するため、
 >植物の開花の時期や成長の具合を観測しております。
 >立ち入らないようお願いします。
 >
 >仙台管区気象台

 と書かれているのですね(原文のまま)

 ついこの間も、ここでテレビの中継していましたが、
 ここは単なる庭ではなく
 仙台代表ともいえる数々の標本植物が植えてある場所だったんですね!
 
 皆で外で飲食をしながら花を見る

 海外ではこういった風習はないそうです。
 基本的に西洋では、パブリックな場所での飲酒は禁止の場合が多いそうで、
 花見といっても立ち止まらずに眺める程度。

 花見というイベントは、まさにニッポンならではの風習。

 バーベキューを除いて、外で堂々と飲食できるのは、
 芋煮か花見だけですからね!
 花見の時期は是非、友人や家族と一緒に出かけましょう!

 花見が終わったら、ゴミはちゃんとゴミ箱へ!
 最低限のマナーを守って楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top