仙台時代編集部

東北初!密室型リアル脱出ルーム「アジトオブスクラップ」が仙台にオープン!!なので体験してみたレポート!

名掛丁アーケードを通りがてら、
これなんだろう?って思った方、多いのではないでしょうか?


そうなんです。
本日(2014年3月21日)よりタイトーショーション仙台名掛丁店3階にオープンする

伝説のゲームセンターからの脱出
アジトオブスクラップ

だったんですね!

気になる2つの「リアル脱出ゲーム」なんですが・・・

仙台時代としてタイトー様にお招きいただき、なんと!
オープン前に、一足お先に「リアル脱出ゲーム」を実際に体験することができました!

それはそれは本当にありがたいことですm(__)m

ということで、私が実際に体験した「リアル脱出ゲーム」

伝説のゲームセンターからの脱出
アジトオブスクラップ(プレス向けの公演だったので、簡易Verでした)

とは一体どんなものだったのか?
それぞれを別々の記事にして、その辺を書き連ねていこうかなと!!

伝説のゲームセンターからの脱出の体験レポートはこちら!
http://sendai-times.net/2014/03/21/post-6227/

あ。もちろんネタバレに繋がるようなことは一切書いていないので、
最後まで読んでいただいても大丈夫です(笑)
掲載した写真は許可を得て掲載しているものですので、そこはご安心を!

3階に上がるとこんな具合

入り口からの一枚

フロントには「リアル脱出ゲーム」のグッズを各種販売も!
加えて、ドリンクコーナー等もありますよ!

伝説のゲームセンターからの脱出の入り口

店内一番奥のコミュニティースペース

今は椅子やテーブルが端に寄せられていますけど、
オープンした後は椅子やテーブルがちゃんとセットされますよ。

こちらの記事では
アジトオブスクラップ
をご紹介していきたいとおもいます。

今回私が体験したのはプレス向けの公演だったので、
厳密にはアジトオブスクラップでは無く、
アジトオブスクラップの雰囲気が分かるような簡易Verでした。

こちらのゲームは事前予約が必要な、
伝説のゲームセンターよりずっと本格的なリアル脱出ゲーム!

そして「大人でも十分楽しめる」ゲームってことです。

チケットの予約方法などは、過去記事を参考にしてもらいたいなと!
東北初!密室型リアル脱出ルーム「アジトオブスクラップ」が仙台にオープン!!
http://sendai-times.net/2014/03/13/post-6137/

伝説のゲームセンターで肩慣らしした方は、是非こちらに挑戦して欲しいっ!
と、タイトーの方もおっしゃっておりました(笑)

さて、中はいるとあなたは早速閉じ込められます。

30畳?ほどの部屋には様々な「モノ」があります。
その「モノ」をヒントに鍵を探し出し、
制限時間内に閉じ込められた部屋から脱出するのが趣旨。

探す。謎解き。考える。といった作業が待ち受けております。

あらゆる場所にヒントが隠されています

こんなになるくらい思い切った探索が必要!

宝箱に隠された鍵をとるには、ヒントを基に工具を探さなければ

私は8人(公演時は10人です)で見知らぬ人たちと挑戦したのですが、
やはり広い部屋です。
お互いにコミュニケーションとることの重要性を感じましたね。

同じ場所を2度探しても無駄ですから、
お互いに声を掛け合って、役割分担して、考えるときは皆で知恵を絞る!
参加した10人がバラバラに動くより効率的!

皆の協力無しではクリアは遠のきます。
恥ずかしがらずにコミュニケーションを積極的にとってクリアを目指しましょう!

コミュニケーションが必須のゲームですので、
職場の人間と楽しむのは十分ありだと思いまいたね。
たとえば同じプロジェクトチームの人たちとプレイするのは面白いかも!

脱出=プロジェクトの達成

という構図で、お互いに協力し合い、困難を乗り越えて脱出できれば、
きっと、面識の無いメンバーであっても脱出する頃にはスッカリ打ち解けているはず!!
新入社員のオリエンテーションで使うのもアリかと!

アジトオブスクラップを攻略できたなら、
仙台でもこれから本格的なリアル脱出ゲームが続々!

「進撃の巨人」とコラボした「ある城壁都市からの脱出」
「名探偵コナン」とコラボした「オリエント急行からの脱出」

もあるので、どんどん挑戦してもらいたいなと!

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top