イベントガイド

仙台国際ハーフマラソンの応援体験レポート!

 メールマガジン仙台時代 第372号 2012年5月17日(木)の記事から!

 2012年5月13日に行われた、
 仙台国際ハーフマラソンの応援に行ってまいりました!

 ええ。今回は参加ではなく応援という形です!
 参加でなくてスイマセン!m(__)m

 というのも先週のメルマガにもチラっと書いたのですが、
 私の父が出場したので、応援に行ってきたのです。

 参加する意思が全然無かった訳ではなく、
 参加料5000円がちょっと高いなって思いまして・・・

 ということで見送ったのですねぇ~

 個人的には仙台市民マラソンの10キロというユル目の設定と
 大規模ではない、3000人規模のこじんまり感が気に入っていたのですが、
 今回から国際ハーフマラソンに吸収される形になってしまい、
 10キロという距離すらなくなってしまったことが残念で仕方ないなと・・・

 仙台市民マラソンの

 だれでも出場できますよ

 という、市民ウェルカム感が良かったんですけどねぇ

 1万人規模のハーフともなると
 結構な覚悟と練習もしなければいけないかも知れません。

 個人的に仙台市民マラソンの復活を希望!

 ちょっと話が脱線しましたが、
 来年、仙台国際ハーフマラソンへの出場を考えている方への
 参考になればと、応援サイドからではありますが、
 レポートしようかなと!

 さて、さすがに1万人の出場となると、人数がすごいなって(笑)
 人、人、人であふれてたって感じです。

 仙台市民マラソンでは当日の受付でしたけど、
 今回は事前の受付でした。

 5月11日(金)と12日(土)に街中の三越近くのビルで
 受付やら参加グッズの受け取りを行っていたようです。

 さすがに1万人ですからね~
 当日の受付じゃ大変だし間に合わないのでしょうね。

 で。大会当日

 ハーフは10時5分スタートだったと思います。
 私と父は9時に会場である楽天球場隣の陸上競技場へ到着。

 当然ですが、公共機関で近くまでい行って、歩くなどしたほうが良いかと思います。

 ちょうど楽天球場の裏の駐車場が選手の控え場となっており、
 すでにかなりの数の選手達がアップしてましたねー
 
 その様子。

 9時50分がスタート地点への整列の締め切りだったことを考えると、
 アップしてから走りたい人は、
 もっと8時30分着くらいで行ったほうがいいのかなと思いました。

 仙台市民マラソンはありませんでしたけど、
 手荷物の預かり所があります!

 持ち込んだリュックに同封されていたタグを付けて、
 預かることができますので、荷物が沢山ある遠方よりの参加者も安心!

 スタート地点への整列は申し込み時?に申告したと思われるタイムごとに
 ゼッケン番号の頭にA~Fといったアルファベットがついているので、
 そのアルファベット順に前から整列したみたいです。
 
 移動する選手達。

 ちなみに当日の気候はご存知のとおり
 ちょっとだけ強風で、気温も結構高めの21度くらいはあったかと。
 走るには結構タフな状況ですねー

 私は走らないので、応援ポイントに移動!

 スタートから待つこと数分・・・
 トップ選手たちがやってきました!
 

 集団にまぎれて困難かと思われた父の発見でしたが、
 なんとか発見!すかさずカメラを構えたら・・・
 
 あれ?見失った!

 うん。これは無理(汗)

 人数多すぎてスタート直後は探すのが精一杯で写真撮るのは難しいな~

 で、あきらめて歩道橋のうえからスタート直後に
 新寺通りを走るランナー達を激写!
 
 

 はっきりいって人の海ですよこれ。

 で、シドニーで金メダルの快挙を成し遂げた人物といえば高橋尚子さん! 
 ヨドバシ前で父の通過を待っていたら発見!
 

 先頭のピンクのランナーがそうです。
 ちょっと顔が映っていませんが、かなりスローペースで
 選手達と触れ合いながら走っていたようですね。

 その後にゴールを見届けようと、陸上競技場へ移動。
 
 続々ゴールしており、すごい人です。
 恐らくスタートより1時間50分くらいのゴールの様子!

 父を探しながら待っていると、Qちゃんがゴール!
 2時間ペースくらいで走っていたようですね。
 

 ゴールもそこそこに、選手達とハイタッチをしにいくQちゃん。
 
 

 ピンクの服を着た人ですよ!

 うーん。偉いな~って思わせる人ですね~

 ゴール後は例のごとくスポーツドリンクとタオルを受け取って終了!

 仙台市民マラソンだとその後に
 完走証明書?というタイムが記録された賞状みたいな紙を
 パソコンの前に並んで印刷してもらい受け取ることが出来たのですが、
 ハーフマラソンではそれがありませんでした。

 あったかも知れませんが、手に持っている人を見かけなかったし
 場所もわかりませんでした。

 その辺はどうなっているのか不明。後日の郵送とかなのでしょうかね?

 といった具合でレポート終了!

 コレだけの人数になると
 バラけるまでの走り方に工夫が必要なのかなと思いました。

 私は松島ハーフマラソン辺りの出場を目指して
 自分の体に鞭を打って頑張ってみようかなと!
 ただ、個人的に秋口にイベントがいろいろあるので、
 どこまで走れるようになるかちょっと不安はありますけどね~

 ま。なんとかします!?

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top