観光ガイド・レポート

仙台歴史探訪!仙台に残る戦争遺構を探せ!その3

 意外に??好評頂いております
 仙台歴史探訪シリーズ!仙台に残る戦争遺構を探せ!ですが、

 新年早々その3をお送りしたいなと!!

 さて、

 その1は陸軍・海軍の敷地を示す境界石を探しに
 リンク:http://goo.gl/Kee1Lh

 その2は仙台駐屯地の敷地内にある空襲サイレンを見に
 リンク:http://goo.gl/xbx5aL

 その3は・・・防空壕です!!

 私も今まで実物は一度も見たことが無いんですよね~
 仙台市内や仙台近郊に残っているものなのでしょうか??

 なかなか探すのに結構苦労しました。

 が!

 なんとか見つけることができました!
 基本的にネットで見つけた情報や図書館で調べた情報ですね。

 ちなみになんですが、
 防空壕を調べている過程でこんなものがありました。

 国土交通省で行っている特殊地下壕対策事業というもの。

 危険な防空壕の埋め戻しや安全対策といったことをやっている事業で
 実態調査を4年毎ごとに行っているそうです。

 その中の資料で
 http://www.mlit.go.jp/crd/city/sigaiti/tobou/chikago.htm

 平成21年度に実施した調査では
 なんと、宮城県内に59個、仙台市内には11箇所も防空壕が!

 意外に結構な数が現存している模様。

 だったら、その資料を元に見に行けば良いのでは?
 って思うかも知れませんけど・・・

 詳細な場所が分からない

 という問題が(^_^;)

 付近まで行って、地元の方に聞き込み調査すれば分かるかも・・・
 時間があればそこまでやりたいところなのですが、
 限られた時間での調査では、そこまでするのはちょっと厳しい。

 はい。

 ちょっと話がそれてしまいましたが、
 なにはともあれ、まずお写真をご覧頂こうかなと!

 
 

 評定川原の野球場バックネット裏の崖下にある防空壕「らしき」もの。
 入り口にはちゃんとフェンスが。

 評定河原の場所はこちら(ピンポイントです)
 

 
 立ち入り禁止の文字が見えます。
 あ。もちろん中に入ったりはしていませんよ!

 
 柵の隙間からフラッシュを焚いて写真を一枚。
 奥はしっかりコンクリートで埋められております。

 

 戦時中はこうした広瀬川沿いの河原や、
 西公園にも多数の防空壕があったそうですが、
 これはその中の一つだったのでしょうか。

 さて、次!

 こちらは書物名は忘れてしまったのですが、
 図書館で調べた本の中に書いてありました。

 仙台市は仙山線の北山駅から程近い御嶽三吉神社という場所。
 こちらに防空壕があると本に書いてありました。

 詳細な場所は分からなかったのですが、
 行けば分かるだろう。ってことで、とりあえず現地へ。

 場所はこちら(ピンポイントです)
 

 衛星写真じゃ分からないのですけど、物凄い急坂の上にありますよ!

 上からの写真も
 

 上に行くと神社の駐車場があるので、
 ちょっとばかり車を停めさせていただきました。

 2013年8月18日に行ったのですが、この日は天気がよく、
 中山の観音様がよく見えました。

 
 

 写真には手を清める手水舎(ちょうずや・てみずや)が写ってますけど、
 手水舎の右側に下へと続く階段があったので、階段を下ってみました。
 周りを見渡すと、いける場所などかぎられていますので。

 

 うーん。本当にこっちかな?

 そう思いながら、神社の庭(?)らしき中を通る階段を下っていくと・・・

 あっという間に汗だく!!
 だってこの日の最高気温は34.3℃!!!
 暑いのなんのって(^_^;)

 ソレはさておき、おやおや・・?

 
 あ。穴がある!

 ちょっと穴に近づいてみると・・・
 
 

 おお・・・・!

 穴もすごいのですが、
 ビックリするくらい、ヒンヤリとした涼しい風が奥から流れてきます!!!

 天然のクーラーやっ!!!

 と、同時に。

 物凄い数のハエと蚊が私を襲ってきます(笑)

 しかも上から水がポタポタ!

 蒸し暑さとハエと蚊に耐えながら入り口から写真をパチリ。
 
 

 かなり深いです!!!!

 ずーーーーっと奥まで続いているのがお分かりでしょうか?

 実はこれ。

 防空壕には間違いないのですが、
 戦時中、現在の東北大学こと、旧東北帝国大学の科学計測研究所にあった
 数々の貴重な資料を保管するための場所でもあった。

 と、本に書いてました(笑)

 これらの防空壕は戦時中、空襲から幾人かの命を救うことができたのでしょうか?
 そうであったと信じたいですね。

 戦争遺構はこうして、人目につかないところで
 今もひっそりと残っているのですね。

 数ある防空壕の中で、
 実際に調査できたのは僅かに2箇所だけだったのですが、
 こうして実物を見ることができたのは貴重な体験であったと感じます。

URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 防空壕ならば愛宕神社の麓にもありますよ。
    ググるマップでは
    国土交通省愛宕橋宿舎
    の西側にあったと思います。昔見たんですが今はどうなっているかわかりませんけども。

*

Facebookコメント

Return Top