仙台暮らし

東北大学が雨宮キャンパスをイオンに220億で売却!!

 今週はイベント情報じゃなくメインのネタはコレ!
 この記事を目にした時はメチャクチャ驚きました!

東北大、雨宮地区をイオンに売却 落札額は220億円

東北大は31日、移転を計画している雨宮キャンパス(仙台市青葉
区)の売却先を、大規模商業施設開発・運営のイオンモール(千葉
市)に決定した。落札額は220億1000万円。2月中に契約を
締結し、キャンパスにある農学部・大学院農学研究科棟の解体工事
などに着手。2018年2月の引き渡しを目指す。

売却するのは9.3ヘクタールのキャンパス全体。
13年10月7日に売却先決定に向けた一般競争入札を公告し、期
限の1月20日までに大手不動産会社など7社が応札した。入札は
金額と土地利用計画の総合審査によって行われた。売却の条件とし
て東北大は、仙台商工会議所と仙台市を交えた「東北大キャンパス
移転まちづくり会議」が、13年4月にまとめた報告書に沿った土
地利用を提示した。

報告書では「医療・福祉・増進健康機能」「商業・生活利便機能」
「まちなか居住機能」が一体となった複合市街地を提唱している。

イオンモールは宮城県内では名取市や富谷町に進出しているが、仙
台市内にモール型の店舗はなかった。全国でも医療と商業、住居の
3分野を一体開発した事例はなく、新たな事業形態となる。

同社広報部は「事業の詳細は未定で、
今後仙台市と協議を進めたい。立地を考慮すれば、商業施設は都市
型のニーズに応えられる性格になるのではないか」と話した。

雨宮キャンパス南側のボウリング場・スケート場跡地(1.7ヘク
タール)は住友不動産(東京)が開発を計画中で、周辺環境が大き
く変わりそうだ。

農学部・大学院農学研究科は、
16年度中に青葉山新キャンパス(青葉区)へ移転する。

2014年02月01日土曜日 河北新報より

 知らなかったんですが、東北大学の農学部が青葉山に移転するのが
 決まっていたみたいで既存のエリアが売りに出されていたと。

 で、その買い手がイオンに決定

 うん、これはすごい。
 記事によると

 ・「医療・福祉・増進健康機能」
 ・「商業・生活利便機能」
 ・「まちなか居住機能」

 が一体となった複合市街地を提唱しているらしく、

 「医療と商業、住居の3分野を一体開発」

 という形になりそうだとか。
 イオンモールが出来るのは当たり前だとして、

 医療施設、住居施設

 さらにはアミューズメント施設的なものとかも!?
 ちなみに場所はこの辺。
 

 見てもらうとわかると思うんですが・・・ほんとに広い
 しかもかなり仙台の中心部。

 先日、すぐ南のエリアにあった西友も無くなったことだし
 すごい便利になるのは間違いない

 けれども、富谷、泉大沢の例を見ると渋滞が引き起こされるのは必至

 2018年の引き渡しということで、まだかなり先の話にはなるんですが
 その辺の問題も解消してしっかりと開発してほしいところです。
 期待と不安が入り混じった気持ちでオープンを待ちたいですね!

URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top