仙台暮らし

来年4月の増税に伴い、仙台市の各公共料金も値上げ続々。

最近値下げはめっきりですが、値上げはぞくぞく!

仙台市、地下鉄・バス値上げ消費税引き上げ転嫁来年4月

仙台市は19日、来年4月の消費税率の8%への引き上げに伴う公共料金の改定額を発表した。市地下鉄の運賃は初乗り区間が据え置かれ、他の区間は一律10円の値上げ。

市バスの運賃は190円以上の区間で10~30円の上乗せとなる。水道などは課税前の料金に、8%の税率をそのまま加算する。

市は来月、料金改定案を市議会に提出する。

 

◎地下鉄/初乗りを除き一律10円増に

仙台市地下鉄の運賃、券売機が1円と5円に対応できないことから、10円単位の値上げとなる。市は国の改定指針に従い、消費税の実質引き上げ率2.86%を掛け合わせ、四捨五入して額を算出。5区間の運賃区間のうち2~5区はそれぞれ10円の上乗せとなった。

乗客が最も多く全体の30%を占める2区は、240円から250円になる。引き上げ率は最大の4.17%。

仙台-泉中央駅間などが含まれる3区は、300円で3.45%増になる。北仙台-富沢駅間などが該当する4区は3.13%となった。計3区間で消費税の実質引き上げ率を超えるため、市は初乗りの1区(200円)の値上げを見送り、全体では実質引き上げ率に近づくよう調整した。

定期運賃は2~5区と同様に、2.86%を掛けて四捨五入した額が増税分となる。

 

◎バス/190円以上区間10~30円増へ

仙台市バスの運賃も、運賃箱が1円、5円の両替ができないため、値上げ幅が10円単位となる。市地下鉄と同じく、国の指針に基づいた計算に運賃区間別の調整を加え、転嫁分を定めた。

最低運賃(150円)と160~180円、市中心部の「100円パッ区」は据え置かれた。180円の区間はJR仙台駅-東北大川内キャンパス間、同駅-若林区役所間などに当たり、利用者が最も多い。

増税分の上乗せは190~520円の区間で10円、530~870円の区間で20円、880~1110円の区間で30円。
200円にアップする190円区間の引き上げ率は5.26%で、消費税の実質引き上げ率2.86%を2倍近く上回る。

1140円になる1110円区間は2.70%となり、逆に下回る。

◎水道など/税率8%分を料金に上乗せ

1円刻みで転嫁できる水道などは、課税前の料金に単純に税率8%分を加える。仙台市内の一般家庭の水道料金の平均額は2カ月間で4646円(2012年度)。

来年4月以降は133円が加算され、4779円になる。公共下水道料金は、一般家庭が2カ月間使用したモデルで、70円アップの2529円となる。

特別長期入院料の算定基準額、中央卸売市場使用料の上限額、発達相談支援センターの診断書等交付手数料の上限額なども、消費税率引き上げ分が加算される。

2013年11月20日水曜日河北新報より

 

電気料金やら原材料費の高騰による価格上昇、
円安による価格上昇に加えて、ついに、仙台市の公共料金までも!

来年から段階的に消費税が上がっていきます。
それに合わせてお給料も上がれば良いのですが、
賃上げをしている企業もチラホラとあったりしますけど、

ごく一般的な企業は・・・

まぁ・・・そんなに簡単には上がりませんよね(^_^;)

景気の良い話ばかりじゃありません。

アベノミクス効果が社会全体に浸透し、
賃金の底上げに繋がればよいのですが、
まだまだ時間がかかりそうですね。

URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 来年4月の増税に伴い、仙台市の各公共料金も値上げ続々。にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ. 最近値下げはめっきりですが、値上げはぞくぞく! 仙台市、地下鉄 […]

*

Facebookコメント

Return Top