グルメガイド

会津若松ソースかつ丼をまた食べてみた話。

仙台時代429号で会津若松のソースかつ丼のお店

「むらい」

「白孔雀食堂」

と行ってみて紹介(会津若松のソースかつ丼を食べ比べ!!)しましたが、
その時に足を運べなかった有名店

「十文字屋」

ってところにも行くタイミングがあったのでご紹介!!

結構混むお店らしいので
オープン少し前に到着。

・・・してみたら、
すでに一組の待ち。

これは期待できそう!

店に入り、
普通にソースかつ丼を注文。

料理を待っているうちに
どんどん席が埋まっていくぐらいの繁盛店。

しばし待ち、
ソースかつ丼到着。

この肉厚感!

「むらい」と似てる感じですね。

ただ、むらいと違い、
もともとソースがたっぷりかかってる。

食べる。
食べる。
食べる。

・・・飽きてくる・・・

ここ、ソースがたっぷりかかってるだけに
酸味が口の中で広がってきて
結構飽きてきます(汗

自分でかけたいだけかけれればいいんでしょうけど
問答無用でソースたっぷりなんで
ちょっと後半食べづらい。。。

一緒に行った人は
もともとそこそこ大食いなのに
後半、完全に手が止まってる(笑)

前回訪問した「白孔雀」は
普通のソースじゃなく、
おそらくお手製のソースなんで
たっぷりかかってても食べやすかったんですが
ここは普通のソースがたっぷりなんで
ちょっと食べづらくて残念!

その辺は自分で調整できるように
なればいいんじゃないかなと思ったり!

でもまぁこのボリューム!

会津若松にきたら外せません!

URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top