仙台暮らし

マックスムエタイを見に行ってきたinゼビオアリーナ!

見に行ったらブアカーオのすばらしさ伝えます!

と、宣言しておりましたので、

はい。ちゃんと見に行ってきたので・・・・

ブアカーオのすばらしさを伝えようと思います(笑)

行こうかどうか結構直前まで迷っていたのですが・・・
結構ギリギリでしたけど、10月2日にあっさりチケットが買えましたw

やはりK-1レジェンドのブアカーオを見たい!という一心で
4000円のひな壇1階席をGET!

そして10月6日(日)当日。

車で17:30から試合開始ということで、
周辺が結構混みあうかなぁ・・・と、思いきやあっさり到着っ!

ゼビオの立体駐車場に車を停めて、隣のゼビオアリーナまで歩いていきます。

アリーナ隣の広場ではタイフェスティバルやってましたね。
朝から釣りしててタイフェスティバルには行かなかったんですけど、
せっかくだから行っておけばよかったかな~・・・。と、ちょっと後悔。

入り口でチケットを受け取り、
会場の係員にチケットを渡して中に入ったんですけど、

うん。

結構な人!

 

お買い得な価格設定のチケットだったせいなのか、
見る限りは家族連れが多い(笑)

2階ひな壇席と1階ひな壇席は自由席なんですけど、
境目にスタッフがいてチケットのチェックするわけでもなく、
なんだか結構アバウト。

シレっと3000円のチケットで4000円の席に座っていた人
実はいたんじゃないですかね・・・?(^_^;)

運よく1階ひな壇席の前から2番目という好ポジションに座ることに成功!
4000円の安い席とはいえ、
え?こんなに近いの?とビックリするくらい前!

写真で見るより実際はもっと近いですね。

 

まずはオープニングの選手達の入場より

やぱりブアカーオ選手が主役とった感じ!

 

1戦目が始まったのですが、
ちょっとしたハプニングが発生。

1ラウンドと2ラウンドの間に
リングの真上にあるモニターで仙台市の紹介が音声付で流れていたんですけど、
なにかのタイミングを間違えたのか
試合が始まっても仙台市の紹介が流れたままになっていて、
ちょっとシュールな雰囲気に包まれました(笑)

そしてもう一つ。

試合中、ずっとムエタイの音楽?が流れている!という事実!

ものすごい違和感があったのですが、、
マックスムエタイという全力で「ムエタイ」の試合であるという性質上
ムエタイとはそういうものなのかと。

後に調べて見ると
ピー・ムワイというムエタイの試合中に流す曲なのだそう。

この曲が全試合中に延々と流れていました(笑)

 

そして解説席にふと目をやると・・・・

あの後姿。まさかニコラスペタス?!

K-1全盛期をレジェンド達と一緒に盛り上げた青い目のサムライ!!

事前情報がなかったので、まさかの衝撃!

ついでに見れるなんてなんて運がいいんだ!!

 

最初の試合が終わった際に、
ニコラスペタスさんが、リングに上がって
慣れない運営ですいません。といったこと言っていましたね(^_^;)

そして。

ついに。

ブアカーオの登場!!

会場のボルテージは一気に最高潮!

会場のディスプレイによる演出もなかなかのもの!

登場して音楽が流れ始めると・・・・

儀式(?)が始まります。




 

別に負けて土下座している訳じゃありません(笑)四隅のコーナーポストに順にお辞儀したりと、これも儀式の一環のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

試合開始直前!

 

ラウンド間の休憩(だったかな?)

判定勝ちで勝利のポーズ!

 

さて。佐藤嘉洋選手vsブアカーオ選手の試合内容について!

現在31歳のブアカーオ選手。
K1で活躍していた20代前半から長い月日が経っているということもあり、
かつてのようなキレキレの試合ではありませんでしたが、
豊富な試合経験とテクニックで魅せた!

ムエタイというアドバンテージを生かして
足払い?でコカしまくって佐藤嘉洋にリズムを作らせることなく
終始主導権を握り判定勝ちという結果。

KOを期待しちゃいましたけど、
やっぱりミドル級あたりだとあまりKOって出ませんよね(^_^;)

とはいえ、久々にブアカーオ選手の雄姿が見れたことに
価値があったと言えるでしょう!

そして試合が終わった後・・・

リングから降りてそのまま帰るのかと思いきや・・・

私が座っている席の目の前に握手しに来たではないか!!!

握手するなら今しかない!!

ということで、拍手で勝利の祝福をした上でしっかりと握手して、
肩をポンポンと触らせていただきました(笑)
ありがたや。ありがたや。

なんという贅沢なのだろう。。。

そして、何気なく出場していたHIROYA選手。


ブアカーオほどではありませんが、
知名度は抜群ということもあり、会場での人気はありましたね!

15歳でK1デビューして、
まだ子供というイメージが強かったですが、
久々に見ると立派に成長していまいたね~

個人的には体もしっかりできていたように見えますし、
試合運びやコンビネーションもなかなか。

試合後はブアカーオ選手同様にリングから降りた後は
笑顔で写真撮影や握手に応じていましたね。

最後の試合が終わり、
ニコラスペタスさんのリング上での挨拶をして
すべてのプログラムが終了。

降りて帰る際に、数人が握手をしに。
笑顔で応じるニコラスペタスさん。

すると、あっというまに人だかりが(笑)

その中に私もおりまして、
ちゃっかりとニコラスペタスさんとも握手できました!

まさに感激そのもの。

プライスレスの価値!

ということで、
仙台で開かれた大型格闘イベント「マックスムエタイ」。

なかなかこういった規模の格闘イベントを生で
しかも間近で観る機会というのは、
極限られておりますので、大変貴重な体験であったなと。

最近では、格闘技イベントは下火になってしまいましたが、
再び脚光を浴びることを期待したいなと!

URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top