仙台暮らし

トレイルランがやってくる!泉ヶ岳アウトドアスポーツ2013開催!

 既にエントリーも終わっているので、
 これから新規に参加することはできないのですが、
 
 今週末、泉が岳でトレイルランの大会があります!
 

http://www.spf-sendai.jp/event/outdoor.php

 
 
 
 なにせ。わたくし
 
 
 
 メルマガの為・・・とまでは完全に言い切りませんけど(^_^;)
 
 2010年の泉ヶ岳アウトドアスポーツに参加しているますので(笑)
 
 
 
 来年参加を考えている方や、
 コースこそ違いますけど、初参加者の目線でかなり詳細にレポートしてますので、
 今回初参加される方の雰囲気の参考になればなと思いまして。
 
 若干順位落としてまで撮ったレース中の写真もあります!
 あまりに手厳しかった上り坂の雰囲気感じてください!!
 
 
 2010年03月24日の記事より
 東北では唯一?泉ヶ岳スキー場でトレイルランなるもの。
 http://goo.gl/VDzYoX
 
 
 2010年06月03日の記事より
 泉ヶ岳アウトドアスポーツ 2010
 http://goo.gl/frrHIq
 
 
 ちょっとばかり過去記事に書かれていなかったことを補足したいなと。
 
 
 
 1、トレイルラン専用のシューズは必須!(コレ一番大事)
 狭い登山道の斜面を登る場面や、石や木の根があちこちにるようなコースだと、
 普通の靴じゃ絶対滑る!そう感じました。
 
 私は当時、アディダスのトレイルラン用のシューズ買いました。
 安売りで5000円くらいでしたかね?あまりお金掛けたくなかったんで(^_^;)
 ジョギング用のソールとは全然違います!
 
 特にゴール間近の超急斜面の下りの場面においては、
 普通のランニング用の靴とかだと間違いなく危ないし、
 スピードも出せないので抜けるものも抜けないという結果を招くなと感じました。
 グリップとホールド感が靴選びのコツなのかな?と。
 
 
 
 2、抜けるタイミングと場面
 平地の大会ならどこでも抜けるけど、
 トレイルランの場合は抜ける場所とタイミングがかなり限られるなと。
 
 なんせ道が狭いので、抜きたくても抜けない場合が多し!
 当時の大会コースなら、スタートから良いポジションを選んで最初のうちに抜く!
 ここが一番順位を上げることができるのかなと。
 自分が苦しいときは皆も苦しい!が、ここがチャンス!
 
 コースの下見ができるなら、どこが抜くタイミングなのかを知っておくと
 いろんな意味で非常に強いなと!
 
 
 
 3、水はあってもいいかも?
 当時は5月末の山とはいえ、走っていると猛烈に暑い!!
 大げさなものは邪魔だしいらないと思うけど、邪魔にならないような
 小さいものなら携帯していてもアリかな?と。
 正直、給水所ちょい手前くらいで少し喉が渇きましたし。
 
 とはいえ、30分そこそこでゴールできるような人なら
 水なんか飲んでいる暇ないんでしょうけどw
 
 
 
 参考になったか分かりませんけど、
 普通のジョギングに飽きた方!是非トレイルランに挑戦してみてください!

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top