グルメガイド

50年の歴史をくつがえす!半田屋の歴史的革命!新たな「めし」が登場!!!

私も学生時代は全力で「めしのはんだや」のお世話になっており

半田屋に毎日通ったこともある半田屋を愛して止まない人間の一人です。

 

そんな半田屋といえば伝統的な

 

めし(小)、めし(中)

 

と、伝説であり幻であり半田屋の象徴的存在の

 

めし(大)

 

そして、比較的最近になって加わった

 

めし(ミニ)

 

という3つの「めし」による体系が長らく続いておりましたが・・・

 

なんと!

この度。

飯の種類が増えたのです!!!!

ミニよりもっと量が少ない、

 

めし(ちょい盛り)63円

 

ミニと小の間に位置する絶妙な盛り具合が特徴の

 

めし(並)

 

すき家もビックリの5種類もの豊富な「めし」のラインナップとなり、

「半田屋のとん汁は最高なんだけど、ちょっとご飯の量が多いのよねぇ」

とお悩みの女性にきっと大好評に違いない!!(笑)

 

この写真を撮ったのはBivi東口店の半田家だったのですが、
翌週に立ち寄った箱堤交差点の半田家にはまだ無かったので、
一部の店舗から徐々に増えてくるのかな?と思います。

 

余談なんですけど、「めし(大)」ってそもそも注文できるのか?
って思いません?

 

「半田屋」が「めしのはんだや」だった頃、
お店のメニューにある「めし(大)」の注意書きには

めしの大はとても多くて食いきれない量です

 

といった注意書き?が書かれており、通常注文不可だったのですが、
当時学生だった頃の友人の一人が

おばちゃんに頼み込んで「めしの大」を注文したらしい!

を、話題になったことがありました(笑)

 

今でも一部の店舗で「めしの大」を注文できるところもあるとかないとか?

あちこちの半田屋でお願いすれば、
もしかしたら伝説の「めし(大)」にありつけるかもしれませんよ!!

大でも完食できると自信のあるチャレンジャーな方は是非試して見てくださいね!

URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top