仙台時代編集部

仙台市博物館が富士山の世界遺産登録記念に「慶長遣欧使節関係資料」を期間限定公開!

富士山が世界遺産に登録されましたね!

n1325544307

 

ゴミなどの問題で(?)
見送られたりしていたようですが
今回は無事登録がされたみたいで。

 

ちょっと昔に富士山に登ったんですが、
基本的に登ることが出来るシーズンは限られていて
ものすごく短い。

 

なので、
登山客が来るタイミングは集中してしまい、
登る時には行列に。

 

さらに、
老若男女さまざまな人が同時に登るため
少し遅い人がいたりすると
詰まってしまうことも多々・・・

 

で、そんな中での世界遺産登録!
これは渋滞必至!(笑)

 

ただでさえ人でごった返すのに
世界遺産になってしまうと
外国からも人が来てしまうんじゃないでしょうか!?

 
これから登ろうと思っている人は
行くタイミングをしっかり見計らって
行った方がよさそうです!

 

・・・と、

 

長めの前フリは終わりにして(笑)

 

富士山の世界遺産登録の裏で
ある文書が「世界記憶遺産」に登録されました。
その文書とは・・・

 

「慶長遣欧使節関係資料」

 

これは伊達正宗の命により、
スペインとローマに派遣された支倉常長が
持ち帰った品とスペインに残る関係文書。

 

ちなみに支倉常長といえば
僕はあまり知らなかったんですが、
仙台の人なら大体は生涯を知っているという有名人!

 

ちょっと調べてみると
没年があいまいで
最期は謎に包まれた人物みたいで。

 

そして、
この資料が世界記憶遺産に登録された記念で
仙台市博物館で公開が決定したそうです!

6月19日(水)~6月30日(日)9時~16時45分

仙台市博物館2階テーマ展示室Ⅱ

    • 「国宝ローマ市公民権証書」
    • 「国宝支倉常長像」
    • 「国宝ローマ教皇パウロ五世像」
http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/topics/memory.html

 

通常は展示していないものみたいで
6月30日(日)までの期間限定!

せっかくなんでここは
観覧しておきましょうか!

URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top