仙台暮らし

開花宣言!

sakura

■仙台でも遂に開花宣言っ!

今週ついに仙台管区気象台より開花宣言でましたね!

仙大管区気象台平成25年4月9日付けの「宮城県の季節情報」より

サクラ(ソメイヨシノ)開花
本日( 4月 9日)サクラ(ソメイヨシノ)の開花を観測しました。
平年より2日早い(平年は4月11日)
昨年より9日早い(昨年は4月18日)観測です。

ま。平年並みってところでしょうかね?

 

この開花を知らせる報告書の中にはこんなことも書いてありました。

4.これまでの観測記録
仙台管区気象台では、1953年から生物季節観測を行っており、
これまでの一番早い記録、一番遅い記録は以下の通りです。

一番早い記録(最早):2002年3月29日(平成14年)
一番遅い記録(最晩):1984年4月28日(昭和59年)

3月29日って確かにかなり早いですよね~
私のここ最近の記録では4月7日に蔵王にスノーボードにいったことがあるので、
スノボと花見が同時に楽しめる計算ですね(笑)

一方の遅い記録は「GW始まってるし!」というタイミングで開花とは!
GWと花見が重なるのって、
なんだか日曜日に祝日が重なってしまっているかのような残念感ありますよね(?)

 

5.観測方法
生物季節観測は、目視又は聴覚によって行い、
観測は全て「日」を単位として行います。
気象台の構内に植えられた植物季節観測用「標本」を対象に観測します。

この標本木というのは仙台管区気象台の敷地内にあるそうで、

3.樹齢
仙台管区気象台には2本の標本木(正・副)があり、
昭和27年に植えた木を正標本木に、昭和
52年に庁舎よりに植えた木を副標本木としています。

と、報告書に標本木について書かれております。

 

というか、「仙台管区気象台」って榴岡公園の向かいにある
第三合同庁舎にあったんですね!

メルマガの冒頭で時々データ等をネタにさせていただいていたのですが、
こんなところにあったんですね(笑)
一瞬脱線した話は元に戻りますが、

この標本木の数々が植えてあるの場所がここ!!

たしかに合同庁舎の隣ですね!

歩道と敷地の境界に看板が立ててあるのが
ストリートビューで見るとわかるでしょうか?
この看板には

生物季節観測について

敷地内には、サクラ、ウメ等の植物(標本)を植えております。
植物を通じた季節の進み具合や気候の変化を把握するため、
植物の開花の時期や成長の具合を観測しております。
立ち入らないようお願いします。

仙大管区気象台

と書かれているのですね(原文のままです)

ということで、ここは単なる庭ではなく
仙台代表ともいえる数々の標本木が植えてある場所だったんですね!

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top