便利ツール

仙台市の今と昔を”カシミール3D”で

仙台市の昔の姿が手軽に見れるソフト。そんなものがあります。

カシミール3Dっていう無料のソフトなんですが、
これがなかなか面白い。

http://www.kashmir3d.com/

登山愛好者の間で非常に重宝されているソフトのようで、
数値地図や標高データを元に3D表示ができたりと、
GoogleMAPじゃできないようなことができるにもかかわらず、
無料というところがすごいソフト!

カシミール3Dは地図ソフトには違いないのですが、
地図を持たない地図ソフトなんですね。これ。
どういうことかと言いますと、
他の誰かが作ったデータを利用する地図ソフト?ってとこでしょうかね。

データの参照元は国土地理院だったりいろいろです。

さらっとソフトについてご紹介しましたけど、
別に私は山に登ろうって訳じゃありません(笑)

おまけ?みたいな機能で
全国の1974年から今現在の航空写真を閲覧できるところが面白いのです。

GoogleMAPにも航空写真ありますけど、
今現在の写真ですからね。

とりあえず、カシミール3Dの公式サイトに行って
カシミール3D スタータキット
ってのをインストールするのが吉!

ソフトを立ち上げると、右のメニューバーに

電子国土

ってのがあります。

これは国土地理院の提供する航空写真を取得して表示できます。
国土地理院の地図閲覧サービス(ウォッちず)から
データを引っ張ってきているんですねー

本家の地図サービスは使い勝手がかなーり微妙なのですが、
カシミールを使うことにより一段と使い勝手がよくなるのです!

空中写真ってのが、つまるところの航空写真です。

1974-1978(全国)
1979-1983
1984-1986
1988-1990
最新

といった具合に、5段階の航空写真が用意されています。

しかし1974-1978(全国)以外の年代は
収録されている場所が限定されておりますが、
仙台市内は

1974-1978(全国)
1984-1986
最新

の3つが利用できるようです。

市内中心部をよーーーく見て見ると・・・・

ペデストリアンデッキがありませんね。

特に泉区なんですが・・・

当時はほとんど山と田んぼだったんですねぇ~
というか、泉市から泉区になったのがウィキペディアによると
1989年とあり、泉町から泉市になったのが1971年なので、
泉市になってまもなくの写真なんですね!

1989年っていえば、それほど昔じゃないんですね。

泉区が泉市ですか・・・なんか不思議です。

余談ですけど、職場の近くの看板に
泉市って書いてある交通標識があったりするので、
そういう部分でも、仙台市とは別だったという過去を知ることができますね。

で、地図の話にもどりますが、
松陵の団地が造成されている真っ最中だったり、
北環状線沿いも大規模に造成されている真っ最中ですねぇ
利府街道も、当時は今とはちょっと違う道路だったんですねぇ~
というか、宮町のあの大きな交差点も無かったんですねぇ

といった具合に、眺めていると結構おもしろいです!(俺だけですかね?w)

地図同士を重ね合わせて比較をしたい場合は、
カシミールの公式サイトにあるタイルマッププラグインをインストールすると
重ね合わせが可能になり、
過去と現在を比較することが可能で興奮度も倍増!!?

ということで、今現在仙台市って立派になりましたねぇ~

古い地図は全国どこでも航空写真が見れるので、
地元の写真でも見れますよ!

ということで、面白いので是非使ってみてくださいね!

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。

*

Facebookコメント

Return Top