ショッピング

長町にもイオンがやってくる!

a0001_014780

開発が著しく進んでいる「あすと長町」ですが、
どうやらここにもイオンが進出してくるようです。


都市再生機構(UR)は、仙台市あすと長町地区の保留地12街区2画地と
17街区2画地および3画地の落札決定者を公表した。
12街区が30億8,234万7,813円で、イオンタウン(千葉市美浜区)。
17街区が19億2,265万2,187円で、イオンタウン(同)
住友不動産(東京都新宿区)JVに決定した。
25年1月中旬に譲渡契約と土地の引渡しを行う予定だ。

土地を取得したイオンタウンは、平成4年にイオンと大和ハウス工業の
共同出資により設立。近隣型ショッピングセンター事業を担い、
スーパーマーケットやディスカウントストアを核に、
地域に密着したショッピングセンターづくりを展開している。

県内では、塩竈市や名取市、東松島市のほか、
仙台市内に2店舗の計10店舗で事業を展開している。

とのこと。

ゼビオもあるしヨークタウンもあるし、ヤマザワもあるし
他にもお店がいろいろ!
そんなところにイオンも参入して・・・・

間違いなく商業激戦区ですよね。これは。

結果的に買い物客である我々が便利になればソレはそれで
いいことなのかなと!

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。

Facebookコメント

Return Top