観光ガイド・レポート

猊鼻渓を攻めろ!!その1

 そーいえば行っていなかった!!

 そんな感じの

 猊鼻渓

 似たような名前で「厳美渓」ってありますけど、あれじゃぁない!
 そして「猊鼻渓」といえば、やっぱり船下り。

 私の中では船下りといえば、激流下りのイメージ!(笑)

 しかし、話をきいてみるとそうでは無いらしい!
 いたって緩やかな川を下るんだそう。

 なるほど。

 じゃあ川を下るってことは車に戻るのがちょっと大変だね!
 公共機関で乗った場所に戻らないとねぇ

 え?違うの?

 聞くと、そうではなく、船は元いた場所に戻ってくるんだそう。

 うーん。なんかイメージが沸かないな。

 なにはともあれ、行ってみるのが先決!
 紅葉の見ごろはちょっぴり過ぎてはいましたけど、
 一応、紅葉目当てで猊鼻渓を初攻略!

 仙台市内から高速を使って約1時間半
 朝は8時半に出発し、10時にはほぼ到着!

 案外近い

 猊鼻渓の船下りは決まった時間で運行しているので、
 今回は11時の船下り目当て!

 こちらは猊鼻渓の船下りの案内!
 リンク:http://www.machinet.jp/geibikanko/

 ちょと早く着きすぎたかなぁ。と思って
 すぐ近くのコンビニでちょっと時間をつぶそうとおもたっところ、

 船下りの割引チケットを売っている!!

 通常であれば大人一人1500円だが、
 猊鼻渓船下りの場所のすぐ隣にあるサンクスだと1350円で買える!
 缶コーヒー1杯分くらいは得した感じ!

 そしていざ、船下りの場所に行ってみると、
 案外こじんまりした場所なんだなって。
 

 で。車を停める場所。

 駐車場は大きく分けて2ヵ所あり、
 一つは船下りをやっている場所の目の前。
 ここは基本的には有料!きになる料金は500円!
 

 けど、お土産を買ってくれれば無料といったところも。

 もう一つは、道路を隔てた反対側に大きな駐車場が。
 こっちは無料。

 船下りの場所まで100mくらい歩きますけど、無料は魅力的!
 ということで当然、無料駐車場に!

 無料駐車場のところにある看板。
 

 中にあった観光案内の看板
 

 きっと寒いだろうけど、冬の猊鼻渓もキレイですね!
 ちなみに冬はコタツと屋根付きの船が運行

 何気なく船着場に行ってみると、船に人が乗っているじゃないか!
 しかも案外がいる!
 出発時間は11時の予定のはずなのになぜ??

 そう思いつつも、人数によっては増発便がある。とサイトに書いてあったので、
 まさにソレなのかなと!
 すかさずサンクスで買ったチケットを渡して10時半の増発便でいざ出発!!

 写真の階段の部分が乗り降りする場所!

 ざっと船を見渡すと20人くらいはのっているだろうか?
 大体がご年配の方(笑)

 船頭さん達が談笑しております。
 

 これが船頭さんが使う棒(?)
 

 長さは6m~7mくらいでしょうか?
 先端には鋭い刃物のような川底を引っかくものがついております。

 
 船を修理してますね!
 きっと冬場に使用する屋根付きの船でしょう。

 船が出発してスグに鴨が沢山、後を追いかけてきます(笑)
 

 ごく一部の鴨ですが、とにかく数が凄い!
 川には鯉が沢山泳いでおり、鯉の餌を売っているんですけど、
 彼らは完全にソレ狙いだろうと!

 というところで、今週はここまで!!
 これから船下りはどうなる?
 船下り意外にも+αもあるので来週を乞うご期待!!

 猊鼻渓を攻めろ!その2
 リンク:http://sendai-times.net/2010/11/24/1626624/

 猊鼻渓を攻めろ!おまけ 一関を楽しめ編
 リンク:http://sendai-times.net/2010/12/01/1626638/

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top