観光ガイド・レポート

会津若松を攻略せよ! その3

さてさて2週にわたって続けてきました

人生初の会津若松。

そんな旅もいよいよ今週で最後!

鶴ヶ城を堪能し、白虎隊の悲劇の場所である飯盛山を見学。

そんな中、天気が崩れて

あいにくの雨!

せっかくの歴史を感じるキレイな町並みですは、
寒さが残る3月では外を歩くのはちょっと厳しかった!

■なかなか面白い記事じゃん!って思ったら→人気ブログランキングへ

 


そんな時、行き先として浮上したのが

会津駄菓子資料館

なんだかたいそうな名前がついていますが・・・

見逃してしまいそうなほど小さい(笑)

資料館とは言うものの、行ってみると普通のお土産屋の2階を
ちょっと資料館として開放しています~・・・みたいな。
レベルとしてはそんなもの。

とはいうものの、せっかくだから寄ってみました!


 ああー。懐かしい!
と思うのは、私の親とかの世代なんでしょうか?!

当時の文化を知るという上では貴重な資料!!
とはいえ、雨の日をここで過ごすほどではなかったかな(汗)
じっくりみて、なんとか30分といったところ。

次に向かったのが、今回の会津若松の旅の中でも
個人的にはメイン級!!

芦ノ牧温泉駅にいるという

猫駅長

どんなものか一度みておきたかった!!

芦ノ牧温泉駅までは会津の中心から30分くらいでしょうか?
道は簡単なのでスグにわかります。

余談なんですが、
この芦ノ牧温泉駅の目の前に

牛乳屋食堂

というラーメンが有名な名店があります!
駅に行こうとすると勝手に駐車場に誘導されるレベルの人気ぶり!!

どっからくるんだ?と言わんばかりの混雑っぷり!
まさに町の名所です!

というか、猫駅長より、ずっとこっちのほうが有名だとおもいます(笑)

某ブログには、待ち時間中に猫駅長を見ている時間があるそう!
時間とタイミングが許せば、
是非、牛乳屋食堂と併せてご堪能くださいましッッ!

で。

混雑する食堂を横目に駅に到着。
そんな人目的の人のために駐車場は広めにとってあります!

そんな中。こんな列車が!

 会津が生んだ超有名人ですな!

これが駅長!!


 これが駅長の専用部屋!

うーん。猫ッッッ!!!

プロフィールをみると結構お年を召している模様。
女性の駅長(仮?だって猫が駅長だし)が大好きなようで、
いつもそばについて回っていましたね~

猫がびっくりするのでフラッシュがたけないので、
ちょっと写真はぶれちゃってますね。

猫駅長を堪能した後は
会津若松と言えば

ソースカツ丼

が有名なんだとか!

なら有名な場所でということで向かったのが、

いとう食堂

http://r.tabelog.com/fukushima/A0705/A070501/7000265/

普通の住宅街にポツっとあります(笑)
駐車場が超狭いのと、店舗内も写真を見てわかるとおり、
6人くらいしか座れない席なので、
混雑時はちょっと待ち時間がありそうです。

今回は悪天候が影響したのと、タイミングが良くて
全然空いていました!



 ミニと普通盛があるんですが、これは普通盛。
ミニを頼もうとしたら全力で普通盛を店主から薦められ、
完全の乗っかる感じで注文しちゃいましたね~

けどこのボリューム感はたまらない!

その後、あまり立ち寄って楽しめるような場所が無かったので、
仙台への帰る足で向かったのが、会津じゃないんですが、

猪苗代湖方面!

野口英世記念館やその向かいにある世界のガラス館?だったか。
あの一角は今回みたいな悪天候で楽しめる!!

世界のビール館?みたいなものがあって、
ちょっとした食事と絶品ビールがこれまたいい!


 店内はおおぜいのお客さんでにぎわっていましたね~

人生は初の会津は、快晴と悪天候で完全には周りきれませんでしたけど、
とても面白かったので、今度は街中を歩いてみたいので、
2度目の会津にまた挑戦したいなとおもっています。

歴史を感じる町、会津若松。

仙台から近場で楽しめる良い観光地だと!
まだ行っていない人はこれからの季節にピッタリだと思うので是非!!

■なかなか面白い記事じゃん!って思ったら→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top