観光ガイド・レポート

栃木を大いに攻める旅!その3 大谷資料館編

 さてさて、3週に渡ってお送りしてまいりました栃木編もいよいよラスト!
 これまでのあらすじをざっくりと!

 9月某日に埼玉まで足を伸ばした際に、
 アメリカ発で激安会員制スーパーのコストコを堪能しつつ
 銅山で有名な足尾を訪れた。
 体験坑道に入り、足尾銅山の歴史を学ぶ。

 そして今も残る工場を間近で体験しつつ、
 さらに歴史を深めた!

 とまぁそんな具合!
 足尾町を十二分に堪能した我々は、行き先を大谷資料館にしたのであります。

 さて。
 大谷資料館ってなんだ?

 となる訳ですが、資料館とは名ばかり。

 ただの資料館じゃぁありません!!

 我々仙台時代は、そんなつまらない場所には行きません!

 大谷とは栃木県にある町の名前なんですが、
 大谷石という塀や建材に利用されている石なんだそうですが、
 この大谷石の一大産地がこの大谷町なんですね~

 大谷石(ウィキペディア)
 リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%9F%B3

 そしてその大谷石を切り出していた石切り場がいくつもあるんですが、
 歴史ある石切り場の跡地をそのまま資料館にしたのが

 大谷資料館
 リンク:http://www.oya909.co.jp/

 って訳なんですよこれが!!!

 石切り場を「そのまま」ってところが大事。

 石きり場は坑道のように、地下に掘り進めて行くので
 石を切り取った後は地下に空間が出来るんですが、

 その空間の広さが

 想像を絶する!!!

 東京ドームがすっぽり入るレベル!!

 そう言うとわかりやすいですかね?

 本当にそのまま

 なので、広大な地下空間の一部を見学できるって訳です。
 その静かで広大な空間を利用しない手は無い!
 ってこともあり、これまで美術展や展覧会にファッションショーなどなど
 いろいろなことに利用されてきたそうです。

 なかでも・・・

 人気アーティストの「GLAY」の「Soul Love(1998年)」のプロモ撮影や
 あのB’z’の「May(2000年)」のプロモ撮影にも使われているそう!!

 そんな凄い場所なんですよココ!!

 まずはこの写真。
 
 

 見るからに異様な風景ですよね。
 
 そしてこれが駐車場の風景!
 

 なんなんだこの岩は??
 いきなりこんあ奇妙な岩がお出迎えですが、
 こんな岩が町にはあふれてます!

 そして受付でお金を払って、地下の空間に階段で下りていくんですが・・・
 さすがに地下だけあって中はヒンヤリ。
 12度~13度くらいしかないので、前もって持参した上着を羽織りました。

 そしてこの写真!
 

 実際はこんなに明るくないですよ

 普通に写真を撮ると真っ暗で何も撮影できないので、
 15秒の長時間露出で撮影しているからこの明るさなんですね~
 実際は非常に薄暗い中に明かりが小さくともっている雰囲気ですよ。

 
 
 

 中にはところどころにオブジェが展示してあり、
 ただ歩くだけのところではなく「観て」楽しむこともできるのです。

 
 
 

 これは昭和初期のころに行われた機械彫りの際にできた溝だそう
 

 案外深くまで道が続いており、
 見て歩けるのはどうやら本の一部のようで、
 ところどころチェーンが張ってあり、それ以上進めないようになっています。
 いったいどれだけ広大なんだ?と思わせますよ!

 そしてこんなインパクトのある展示物も。
  

 穴から光が見事に差し込んでいて、非常に美しい絵になってます!
 
 
 ちなみに構内の気温はこんな具合
 

 非常に寒いですが、これでも年間では一番暖かいタイミングなんだそう。
 じっくり見ていると軽く30分~1時間は歩いているので、
 見に行くときは必ずパーカーとかブルゾンくらいは必要ですぞ!

 さっきの光のオブジェを横から見ても絵になります。
 
 

 これは構内各所にあった情報の数々。
 戦時中は軍事利用されていたことなども記されております。
 
 
 
 
 

 ちなみに訪れた時間帯は15時~16時ちょい過ぎなので、
 1時間はいたんですね(笑)
 光の具合も時間で異なって見えるんでしょうね~

 そして最後は階段を上って終わり!
 

 うん。

 非常に見ごたえたっぷり!!

 と言えるでしょう!
 この時間でもそこそこ人が来てましたね~
 まさに穴場的な場所ですぞ!

 栃木に来たらここは抑えておきたいレベルの超一級の場所!!
 必ずや満足されること間違いなし!

 ちなみに余談ですが・・・
 大谷資料館の入り口に見た目「SP」的な人が居ました。
 まさか本物じゃないだろうww

 そう思いながら、僕らが見学していると、

 いかにも只者ではない「品と格が違う人」がSPやら
 大谷資料館の人や大勢の付き人?を携えて見学しておりました!

 あ。本物のSPだったのか???

 どこの誰だったのかは全くわかりませんけど、
 とにかく「凄み」が違う!!

 そのお方が来たからであろうか、
 その方の為に構内でフルートの小コンサートが開かれるレベル!

 そして帰りは、本物のVIPカーがお出迎え!!

 うーん。これは皇族レベル

 そう思わずにはいられない、ちょっと珍しい一幕もありました(笑)
 すげぇですよ。

 そして大谷資料館からの帰りは
 宇都宮が目と鼻の先ってことで、そうなると当然

 餃子食べたい!!

 となる。
 そこでいくならおいしいお店!となり、名店中の名店

 まさしのぎょうざ

 

 に行くことにしました!

 変な時間だったので、まだ混雑する前でちょうど良かったです!
 とにかく値段がデタラメに安い安い!

 そしてうまいうまい!!

 水餃子には、直接醤油をたらす。そう覚えましたw
 ついでに言うと、まさしのラー油は超辛いのでかけすぎ厳禁!

 そんなこんなで栃木の旅は餃子で見事に締め!
 仙台への帰路についたのでした。

 埼玉は所沢に足尾、大谷、餃子と今回の旅も非常に濃いものとなりました!
 仙台からだと栃木はあっという間なので、
 高速1000円だし、ちょっと足を伸ばして行ってみても楽しいですね!
 是非行ってみてください!!!

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 0 )

No commented yet.

*

Facebookコメント

Return Top