仙台時代編集部

せんとくんに会いに行こう! その1

 公共交通機関が破格に高い設定にされているお盆期間。

 なので、いつも少しずらして帰省したりしてけど、
 たまたま見つけた格安バス!!

 なんと、その価格、

 片道7000円程度!!!!

 恐るべし!バス会社!!
 往復しても飛行機の片道価格の足元にも及ばない!!(笑)

 ETC1000円定額もあいまって可能となったかと
 思われるこの格安バス。

 これを見つけてしまった僕。
 かくしてお盆に大阪へと帰省することになるのである。

 そして日は変わりまして帰省初日。

 実家でバタバタと過ごす。

 なんていうか、

 実家のエリア、

 アンテナ付けても地デジ、映らないんですけど??

 総務省さん、なんとかしてください(笑)

 帰省2日目。

 墓参りをしてみつつ、
 昔の友人と会いつつ、
 ラウンドワンではっちゃけつつ。
 ストライクを出せばプレゼントがもらえるタイミングで
 見事ストライクを出し、ホクホクしつつ(笑)

 夜は前の会社の同期の家に泊まらせてもらう。

 帰省3日目。
 同期の家で起床。

 何をしようかと考えていたその時。

 

「奈良公園でも行こうか?」

 と、その彼。

 「おお、いいね」

 と僕。

 奈良なんていつ以来かなぁ・・・

 高校の行事で行った以来かな?

 なんて思うぐらいなんで、
 鮮明な記憶なんてほとんどない。

 せっかく行けるならここぞとばかりに行ってみよう!
 意気揚々と二人は一路奈良へと向かった!!

 車を走らせること30分。

 「え?こんな近いの!?!?」

 と思うぐらいすぐ到着。

 その彼のうちが寝屋川なんで奈良までは
 高速を使えばすぐだったらしい。

 駐車場に車を停め、
 奈良公園内を歩き始める。

 暑い。
 っていうか、
 熱い。
 全体的に。

 気温も地面も。

 歩いてるだけで汗が出てくる。

 おそらく35度近くあり、
 日差しのあるところでは
 40度以上の体感温度だと思う。

 仙台じゃあ考えられない気温。
 

関西の人はこんな中で生活しているのか!

 と感心しつつ(笑)

 まず到着したのは、

 

 

春日大社

 なんなんですかね?
 春日大社って。

 ・・・と思ったので調べてみると。

 藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神を
 祀る。四神をもって藤原氏の氏神とされ、春日神と総称される。神紋は下がり藤。
 武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから、鹿が神使とされる

                          wikipediaより

 うん、それでもよくわからない(笑)
 次行こう!!

 灯籠の隙間から覗く鹿くん。

 

 「太陽がまぶしいぜ!!」

 凛々しい横顔。

 

 なにやらよくわからないですが、

 

 12の神様をめぐってみたり。

 とか、そんなことをやっていて、
 春日大社本体の写真を撮り忘れていることに気付いた!!

 ので、HPとかでご堪能ください(笑)

 http://www.kasugataisha.or.jp/

 と!この辺で今週は終わり!!

 また次回に続きます!!

 ■なかなか面白い記事じゃん!って思ったら→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
たーちん

たーちん

関西育ち。社会人2年目から仙台暮らしをスタート。いくつかの転職も仙台で経験し、いつの間にか家庭も持ち、気づけば仙台暮らし15年!仙台の魅力を関西人ならではの鋭いツッコミ(?)でお届け!
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top