観光ガイド・レポート

2009年夏!八戸帰省の旅 前編 赤い彗星現る!

 赤い彗星

 そう聞いて思い当たるのはただ一つ。

 

シャア専用ザク!!

 間違いなく彼しかいないでしょう!!

 そうなんです。
 専用なんです。

 ザクとは違うのだよ!ザクとは!!(笑)

 こんな前置きから始まりましたが、なんでこんな前置きなのかって?

 それには理由があるんです!!(キッパリ)


 夏休みに実家のある青森県は八戸市に帰った私ことやなぎは
 お盆の真っ最中に祖父のお見舞いに行くついでに

 もはや隠れた観光名所と化している

 

おいらせ町

 http://tinyurl.com/nqg68s

 にあるガンダムの立像とともに6月に完成したばかりだという
 シャアザクを見に行ってみたのです!

 ちなみにこのネタ。
 覚えている方はいらっしゃるんじゃないでしょうか???

 そうなんです。

 今年の1月29日に発行した記念すべきメルマガ200号で
 特集しているんですよ(笑)
 

 そのときはまだ製作途中だったんですが、
 

 今回はちゃんと完成しておりました!

 まずはこの写真から!
 

 連邦の白いヤツと一緒に写っております!!

 


 

 

 

 この日も猛烈に暑かった!!
 それにしても、青く澄んだそあらに赤と白がよく映えますね!

 ちなみに俺が現場に着いたときに、ちょうど1台の車が。

 男性が一人降りてくるなり写真を撮っている(笑)
 俺と同じ目的の模様で、

 よくわからないけど、とりあえず「どーも!」と元気に挨拶して話を聞くと、
 俺と同じく、地元が近所の人で、群馬からの帰省ついでによったらしい。

 そのハンパない出来栄えを見せ付けるこれ!
 

 はいわゆる「モノアイ」ってヤツですが・・・

 

これ動くんですよ!

 常時動いているんですよこれ!
 すげぇ作りこみです!

 ちなみにここ。
 

 床屋さんなんです(笑)
 見に行ったら自販機があるので、ジュースでも買ってあげましょう!

 しばらく俺が写真を一通り撮って、さか行こうかなと思ったそのとき!

 

 いつの間にかこのありさまッッッ!!
 実は道路の反対側にもくるまが3台ほど停まっており、
 ちょっとしたすごいことにw
 俺が人を呼んだ?!

 ちなみに祖父のお見舞いに行った帰りの19時頃でも
 ガンダム見たさに集まっていた人は絶えることなくすごい人でした!
 お台場もそうだけど、ガンダムの集客力はハンパねぇ!

 それもそのはず。

 >青森ガンダム立像の制作者は、同町の理容師・鈴木敏美さん。
 >ガンダム初期作品に登場するいわゆる「ファーストガンダム」をモデルに
 >立像制作に着手。
 >
 >以前まで人間大の石こう像などを作っていた経験があったことから、
 >野外に飾れる巨大像の制作を考えていた。
 >ガンダムが好きだったわけでも、詳しかったわけでもなかった鈴木さんだが、
 >近所の子どもたちのリクエストを受け入れて、
 >巨大ガンダムの制作に挑戦することとなった。
 >
 >型枠を作り、そこにモルタル材を流し込んでパーツを造る。
 >型枠はプラモデルの部品を拡大して設計するため、
 >巨大版プラモデルさながらのリアルなガンダム像だ。
 >
 >ガンダム像は2007年11月に、約1年をかけて完成。
 >高さは3.5メートル、重さは約2トンと、
 >お台場の等身大には一歩及ばない大きさだが、
 >それでも近くで眺めるとその迫力と完成度の高さに驚かされるという。
 >
 >しかも、夜間は腰のベルト部分や目、頭部など体の一部が光るというから、
 >お台場のガンダムにも負けていない。
 >昨年1月からは、ガンダムのパイロットであるアムロ・レイの宿敵、
 >シャア・アズナブル操る「シャア専用ザク」の制作を手がけ
 >6月に完成したばかり。ザクは目が動く作りになっている。
 >
 >お台場のガンダムにはかなわないが、
 >こちらのガンダムも他県から見に来てくれる人もいて人気。と話す鈴木さん。
 >地元のおいらせブランド推進協議会が進める「おいらせ☆一番星」にも
 >この作品が選ばれ、認知度も広がった。
 >ちなみに3体目は、設置スペースを考えて、
 >1.2mほどの小型で可動式の「ジオング」を制作しようと考えているという。

 >情報提供:フルタイム

 な、なんとヤフーのトップニュースにも掲載さてたのだ!!
 これは侮れません!!

 余談ですけど武器(ヒートホーク)は意外に柔らかい素材ですよw

 おいらせ町の赤い彗星を堪能した俺は
 飽きることことなく次の目標に向けて走り出した!

 次週。おまけ編をお送りいたします!

 ■なかなか面白い記事じゃん!って思ったら→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top