レジャーガイド

これが安比高原だ!

 

1月にアルツ磐梯を攻めましたが、

今月は東北の3大スキー場の頂点かもしれない安比高原スキー場に5人で挑戦!

安比の詳細はこちら

ちなみに場所はこちら

アクセスは

仙台宮城ICを出て松尾八幡平ICで降りて、ゆっくり走って20分ってところ!
松尾八幡平ICから安比まで向かう下道はとてもよく除雪されており、
比較的平坦な道なので、とても走りやすかったです!!

今回僕らは朝5時に家を出発し、長者原SAで軽く朝ごはんをサッと食べた後
駐車場に到着したのが9時くらい!

なので・・・

仙台からノンストップなら3時間半で、おおよそ4時間と考えればいいですね!

ちなみに、駐車場に到着して荷物をおろして準備をしていたら
宿泊キャンセルになったんで、チケット(リフト券)安くうりますよ!

というオヤジさんが!!

安比のリフト8時間券は通常5200円するのだが、
オヤジさんが提示した額は

4200円ッッッ!!

安い!当然僕らは全力で食いつきました(笑)

いやぁ得した得した!!!

後ほど、判明したんですけど、
どうやら宿泊の人はもともと4200円でチケットを買えたらしいので、
値切ればもっと安くできたか?

なーんて、考えましたけど、僕らも得をして、オヤジさんも損しないという
4200円という値段は良くできた値段だなぁって(笑)

しかも・・・

駐車場は無料!!!

というお得さ加減!!

だいたいどこのスキー場でも500円から1000円は取られるのに、こりゃお得!!

で、

蔵王温泉スキー場とは違い

リゾート

という感じのスキー場なので、とにかく設備が立派!!
至れり尽くせりでキレイな設備が目を引きます。

そしてこれが、安比で最初に目にするであろう光景です!

青空に白いゲレンデが映えますねぇ!!

そして僕らはゴンドラに乗って山頂に向かいます。
朝早いというのもあってか、ゴンドラの待ち時間は5分ほどですぐに乗れました!

 

これがゴンドラを降りてすぐの山頂からの眺め!

八幡平の山々が一望できます!

ちなみにコースは こんな具合

 

まずは5500mの滑走距離を誇る最長ロングコース、ヤマバトコースに挑戦!!

 

ヤマバトコース
山頂付近はさすがにやや混んでいましたけど、少し滑ると、まだ早い時間帯のせいか、ガラガラで恐ろしく幅の広いゲレンデを、ほとんど独占状態ですべることができました!しかもコースは恐ろしいほどにキレイに圧雪されており、でこぼこしていないので滑りやすかったですね~

「圧雪はさほど好きでもない」という人の為なのか、コースの脇にあえて圧雪してない場所があったりとそんな人でも楽しめるようになってました!

ただ、時間と共にヤマバトコースは初心者の方が増えてくるのでコースは広いけど、ちょっと手狭な感じになってきます!

 

セントラルゲレンデのハヤブサコース
コースが上級+中級+初心者と3つの斜度が楽しめる面白いコースでした!
なかなかすべり応えがありましたね~

 

ザイラーゲレンデのザイラーロングコース
4000mはなかなかです!
ここもコースが上級+中級+初心者と1回で楽しめるので面白いです。

 

セカンドゲレンデ
コース上部はモーグル向けの凸凹があるので、ボーダーにはつらいコースです(笑)

けど、中腹からは、なだらか+非圧雪の部分があるので、グランドトリックの練習なんかには向いてます!

 

ザイラーゲレンデの下にあるレストハウス
ジンギスカンのお店が入っているので、スキー場でジンギスカンという、なかなか経験できないこともできるので、興味ある日とは是非食べてみてください(笑)

ナイターコース
あと、安比は16時からナイターになるんですけど、9時くらいから8時間券を買うと17時くらいまで滑ることができますが、ナイターになるとゴンドラ等のリフトが止まり、一気に人が殺到します!
ナイターコースの一番下のセントラル第1クワッドは並びに並んで、待ち時間は20分ほどになるので、ナイターの時間になる、もしくは過ぎそうなら一番下まで降りずに第2、第3で楽しむのが、ギリギリまで遊ぶコツかな?って思いました!

 

これまで山形蔵王、アルツ磐梯と挑戦してきましたけど、

安比は別格

だなぁって感じました!!

 

仙台からだとチョット遠いけど、十二分に行く価値はあるかと!!
日本でも有数のスキー場と言われていますが、

 

まさにその通りだと!

これから安比に初めて行く方は是非参考にしてくださいね!

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top