観光ガイド・レポート

それゆけ!仙台探検隊!その2 謎の史跡「実方中将の墓」を攻めろ!

 仙台時代 第184号に引き続き、
 大好評(か、知りませんが)の為、待望の第2弾が遂にお披露目ッッ!!

 個人的に楽しみながらやってます(笑)

 さてさて、さっそく本題に入りたいと思います。

 事の発端は、前回、メルマガにホームセンタームサシの場所を掲載する為に
 皆さんおなじみ「GoogleMAP」を眺めていたときのこと。
 ムサシの近辺をよーく見てみると・・・


 

実方中将の墓

 という「史跡」を示す地図記号とともに書いてあるではないか!!
 http://tinyurl.com/6rpgs7

 んん?・・・なんじゃこら?

 よくわからないが、自分の目で確かめようじゃあないか!
 という、実に単純かつ勉強にもなる頼もしい発想!

 そしてよく晴れた10月18日(土)の昼下がり。
 カーナビを頼りに、軽く迷いながら目的の場所までズバっと到着!
 http://tinyurl.com/6xo9qc

 さて、ここからは写真を交えながらご説明!
 写真のサイズはかなり大きいので、上にあるダウンロードボタンを押して、
 ダウンロードすると文字まではっきり見えますよ!

 これが入り口の写真です。
 


 ちゃんと看板が立っているんですねぇ

 場所的に車で来ると思いますが、ちゃんと駐車場完備!!
 

 駐車場の脇にある小屋の隣に「鞍掛け石」なる岩?がある。
 

 これをみてどう思うかは人それぞれかと(笑)
 

 農家?の庭に入っていくような場所にあります。
 


 

 

 

 
 そしれこれが本命の「実方中将の墓」です!!
 


 ちなみに右側の柵に囲まれた方ですよ。

 

え?これが?

 

 
 という、ある意味「期待通り」のソレ(笑)
  

 そして、誰なんだ?という謎も解けました。
 

 平安時代のプレイボーイで、源氏物語に登場する人物で、
 あの「清少納言」とも噂もあった程だが、不始末をおこしてしまい、
 残念ながらみちのくへ左遷された人。

 と、サラっと書くとこんな人物だとか。

 詳しくはウィキペディアにて書いてありました!
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%AE%9F%E6%96%B9

 
 そして、そこにはポストのような奇妙な物体が設置してある。
 はてはて。これは何なのか?
 

 よくみると・・・

 

短歌投稿箱

 と、書いてあるではないか!!!!!

 な、なんと短歌が応募できるという脅威のシステム!!

 ぁぁーー!短歌が書きたくて仕方ないぜ!!

 という方にはこの上ない朗報。
 引き出しを引くと専用の用紙に加えて、ちゃ~んと筆記用具が入ってます!!

 帰り際に、入り口にあった掲示板をみると
 


 定期的に応募のあった短歌を紹介しているみたいですね!
 ちなみに下の段の右から4番目の短歌は

 部活動 毎日きつい練習は つらいけれども がんばりぬくぞ

 とある(笑)

 
 今回は「実方中将の墓」なる史跡を見学した訳ですが・・・
 正直、筋金入りの歴史マニアじゃないと
 一生行くことなさそうな場所だと思います(笑)
 
 が、清少納言という歴史上の人物と接点がある人だったとは驚きましたね~
 それにしても、大したアレじゃないのに、地図に載っているってスゴイ。

 そしてこの日はここ以外にも
 絶対にだれも行かないような怪しい史跡+αを訪ねたので、
 次回に乞うご期待ください!

 ■なかなか面白い記事じゃん!って思ったら→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
やなぎ

やなぎ

青森出身。社会人になりたての数年を関東で過ごすも、東北が恋しくなり仙台へJターン。以来、仙台に暮らすこと数十年。メンバーの中でも最長の仙台人。持ち前の行動力で取材に切り込むエンジニア。
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top