レジャーガイド

仙台市天文台 ~昭和30年開館から新天文台へ~

 今日は仙台市の施設のおはなし。

 仙台市天文台。

 西公園に位置するプラネタリウム併設の天文台です。

 なんと、この仙台市天文台が移転します!!

 って、実を言うとこの決定は、去年の10月頃だそうで、
 その構想はというと、平成13年だったそうで(~_~)
 
 「新仙台市天文台整備基本構想」

 いやはや、お恥ずかしい。

 既に新天文台は建設が始まっているというから驚きです。

 場所はというと、錦が丘9丁目。JR愛子駅の近くです。

 気になる開館時期ですが、


 平成20年7月予定!!

 さて、新施設が開館するということは、旧施設は?

 そうなんです、今の天文台は閉館を余儀なくされます。

 閉館予定は、来年の夏頃のようです。

 なくなると言われると、行っておきたい心理。

 近々、お星様を見に訪れてみたいと思います。

 皆様もぜひ。

 ちなみに七夕祭りのときはこんなイベントもあるそうです。

 入場料300円というのが安過ぎですよね。

 この他にも行事は多く、

 「星を見る会」なんてのも時期限定でやっているようです。

 天文台の41cm反射望遠鏡で行う星を見る会だそうです。
 (まんまですが。)

 料金もこれまた破格です。

 ¥30円です。

 って、取る必要があるのか疑問ですがw
 

 この夏は、
 「夏の第三角形」を堪能してみるのもいいかもしれません(^^♪

 仙台市天文台をもっと詳しく知りたい方は、ぜひHPをご覧下さい!

 夏の空に広がる満点の星をその眼で。

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top