観光ガイド・レポート

鳥海山を攻める 前編

 「無理だ!」

 深夜に鳴り響くメールの着信音。
 GWを間近に控えた4月下旬。
 友人から一通のメールが届いた。

 その友人と僕は、

  「GWが始まるや否や恐山に行き、

         さらには本州の最北端を堪能する」

 という計画を立てていた。

 そしてその計画を実行する数日前になって、
 彼はある一つのことに気がついた。

 「恐山の開山は5月1日からです」

 想定外。
 落胆の色を隠せない二人。

 しかし、既にどこか遠出する気分になってしまっている以上、
 気持ちを切り替えて別の計画を立てるしかない!
 翌日、緊急会議を開いて新たなプランを練ることにした。

 深夜のファミレスで検討に検討を重ね、
 無事行き先が決定。
 メンバーも集まって、順調に事は運ぶ。

 ■日程

  4月29日 日帰り

 ■行き先

  秋田から山形方面(鳥海山)に向かいながら、
  「滝」「風車」「日本海に沈み行く夕日」を堪能

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 4月29日早朝。
 4人のメンバー集合。

 空は快晴。
 完全にお出かけ日和。

 テンションの高まる僕らは慌しく出発!!
 まずは高速を利用して「横手」に向かう!

 高速の途中。だんだんと車のスピードが落ち始める。
 事故である。
 電光掲示板の渋滞の距離が、進むにつれて、
 「1キロ」「2キロ」「5キロ」
 と増えていく。

 まぁいい。
 渋滞もまた旅の醍醐味。

 30分ほどのロスはあったが、
 無事、横手インターで高速を降り、
 僕らは鳥海山へと車を進める。

 13号を下っているとあるモノがふと僕らの目にとまる。

   『道の駅 おがち「小町の郷」』

 せっかくだから寄ってみよう!!

 小町道の駅

 小高い丘に登って、祭られた何かを見てみたり、
 ブランコに乗って飛んでみたり、
 お土産をチラ見してみたり。

 昼飯でも食べようかと思って寄ってみたものの、
 もうちょっと進んでから食べることにした。

 休憩も完了、再度出発!!

 道路にある気温表示板の「20℃」を横目に
 13号をどんどん南下。

 すると、再びあるものが僕らの目にとまった。

   『岩井堂洞窟』

 洞窟好きの僕は全員の了解を得ることなく、
 すかさず洞窟へとハンドルを切る!!

 岩井洞

 っていうか、なんか、ここ、やってないよ・・・

 洞窟っていっても名ばかりで、
 穴はほとんど塞がれてる。

 解説の写真とかが飾られてるけど、
 それもかなり昔のものみたいだ。

 「ふむ、入れないな。」

 残念。
 とりあえず穴はいくつかあるようなので、
 全て入り口の辺りだけでも見てみることにする。

 すると、塞がれた穴の一つに賽銭箱が置かれていた。

 写真を一枚パチリ。

 賽銭

 ・・・。
 ・・・・・・・・。

 !!!

 「右上になんか写ってない!?」

 うわぁーーーーっっ!!
 心霊写真かーーーーっっ!?!?!?

  →→ to be continued…

                     byたーちん

The following two tabs change content below.
たーちん

たーちん

関西育ち。社会人2年目から仙台暮らしをスタート。いくつかの転職も仙台で経験し、いつの間にか家庭も持ち、気づけば仙台暮らし15年!仙台の魅力を関西人ならではの鋭いツッコミ(?)でお届け!
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top