仙台コラム

バレーボールと仙台と私

 女子バレーボール ワールドグランプリ2005 

 数日間に渡って行われた女子バレーの国際大会。
 多くのドラマを作り、大盛況のうちにそれは幕を閉じた。

 
 そして、その幕を閉じた決勝ラウンドの舞台は、
 何を隠そう、我が街、

 仙台

 であった。
 そう、ここ仙台であった。

 予選リーグを勝ち抜いた猛者が、
 己が持つ技術を総結集し、力の限りを尽くしたその檜舞台。

 世界最高峰のバレーボーラー達が仙台市体育館。

 杜の都の夜は、大会開催中連日熱気を帯びていた。
 そりゃNEWSもニュースになるわけである。

 残念ながら日本は5位という結果に終わってしまったが、
 素晴らしい大会であったことは間違いない。

 ただ、

 一点だけ、

 閉幕した大会に水を差すようで恐縮だが、

 言いたいことがある。

 この大会の決勝ラウンドの舞台が仙台で行われる事実、
 これを知ったのは、ごく最近のことだった。

 確かに、それは情報に疎かった僕の責任だろう。
 それは反省している。アンテナが立ってなかったんだ。
 ごめんなさい。

 だが、仮にも国際大会だ。
 言わせて欲しい。

 仙台市よ。
 

 もっと騒げ。

 と。

 告知のひとつもしなさい。

 と。
 
 仙台市体育館のホームページをまさぐって見ても、
 特段、取り上げた様子がないのがそこはかとなく悲しい。

 もっと街を盛り上げる術を仙台市は身につける必要があるのではないか。

 そんな仙台市に住む僕らに出来ることは何か。

 そう、仙台市民が盛り上げるのは、

 仙台市長選挙。 7月31日がそれ。

 さぁ、手を取り合って選挙に行こう。
 仙台を盛り上げるために。

The following two tabs change content below.
わさび

わさび

仕事の都合で仙台を離れること6年、今はメンバーの中でひとり関東に在住しています。いつかまた仙台で家族で暮らせることを夢見るアラフォーです。東京から仙台情報を発信していきます
URL
TBURL

*

Facebookコメント

Return Top